土地探しの方法を比較!あなたに合った土地の探し方を徹底解説

希望のマイホームを建てる最初の一歩
どこで土地を探すの?徹底分析!

いざ土地探しをスタートさせる!といっても、土地の探し方やその方法はさまざま。スーモなどの土地情報サイトをはじめ、不動産仲介業者・ハウスメーカー・工務店などの利用、自分の力のみで探すなど、どれから始めればいいのか迷ってしまいますよね。そこでここでは、土地探しにおける最善の土地の探し方を徹底分析!これから土地探しを始める人も、既に探し始めている人も、ぜひ参考にしてみてください。

まずは基本!
不動産仲介・ハウスメーカー・工務店を徹底比較!

土地探し土地探し

地域密着で限られたエリアの土地情報に強い エリアに関係なく広域の土地情報に強い 土地&建売物件の情報・知識が豊富
不動産仲介 ×
ハウスメーカー × × ×
工務店 × ×

住宅建築住宅建築

限定エリアの土地に住宅を建てる際の知識 広範囲にわたる土地に住宅を建てる際の知識 建築条件付きの土地に住宅を建てる際の知識
不動産仲介 × × ×
ハウスメーカー
工務店 × ×

お金お金

土地の取得に必要な費用・金額の知識 家屋の建設に必要な費用・金額の知識 土地、家屋以外に必要となる諸経費の知識
不動産仲介 × ×
ハウスメーカー ×
工務店 × ×

「帯に短し、たすきに長し」といった感じで、不動産仲介業者もハウスメーカーも、さらには工務店に至るまで、どこも得意・不得意分を抱えていると分かります。こうした現状を見ると、「結局どこに頼ればいいの?」、「あちらもこちらも全部回るのが面倒……」といった、出口の見えない袋小路に迷い込んでしまいますよね。

そんな迷いを打ち破ってくれる土地購入のパートナーが、

設計事務所が始めた不動産仲介「デザイン住宅の窓口」

設計士の専門知識で「理想の家づくり」からスタートさせる土地探し。
全く新しいサービスとなります。

設計事務所が始めた不動産仲介「デザイン住宅の窓口」なら

オールインワンの情報提供が受けられる

上述した表でも確認したように、不動産仲介の場合、土地情報を持っていても、家屋の建築・設計に対する相談力に弱いといった特徴があります。一方で家屋の建築・設計には強くても、土地情報に弱いといった特徴がハウスメーカーにはあります。工務店は土地情報も家づくりのノウハウも持っているけれど、地域密着の限定エリアを離れると、その情報力に物足りなさが出てしまいます。

その点、設計事務所がはじめた不動産仲介『デザイン住宅の窓口』なら、土地情報を提供しつつ、マイホームに必要な専門的なアドバイスも可能なため、施工主にとっては最もバランスのとれたサービスが受けられるのです。

デザイン住宅の窓口

土地探し

地域密着で限られたエリアの土地情報に強い
エリアに関係なく広域の土地情報に強い
土地&建売物件の情報・知識が豊富

住宅建築

限定エリアの土地に住宅を建てる際の知識
広範囲にわたる土地に住宅を建てる際の知識
建築条件付きの土地に住宅を建てる際の知識

お金

土地の取得に必要な費用・金額の知識
家屋の建設に必要な費用・金額の知識
土地、家屋以外に必要となる諸経費の知識
「土地購入で頼れるパートナーは誰? 絶対に失敗しない土地探し」

設計事務所が始めたまったく新しい不動産仲介「デザイン住宅の窓口」について詳しく知る

近隣の土地・建売情報にはめっぽう強い!

不動産仲介

土地探しのスタートでは、誰もが頼る不動産仲介。お店や営業所を構えるエリア内の土地や建売物件の情報には圧倒的な情報量があります。 ただし、広域にわたって土地情報を把握しているかと言えば、全国区に営業所を抱える大手であっても、営業所ごとに担当地域が細分化されており、同じ不動産仲介でもエリアが違うと担当が違うので、もう一度希望の条件を説明しないといけなくなるケースもあります。

また、一般的な不動産仲介の場合、設計士がいないため、家づくりや間取りの相談は苦手という側面があります。土地に対してどのような建物が建てられるか、工法・資材の違いによって建築費用がどの程度変化するのか、建築コストや土地の購入費用以外に発生するコストがどの程度になるかなど、建築に関する突っ込んだ相談にはそれほど強くないと考えた方が良さそう……。

住みたいエリアが具体的に決まっていて、そのエリア内にある建売を考えている、あるいは中古物件を考えている人などは、その情報量を活用しましょう。

設計士のいる不動産仲介「デザイン住宅の窓口」の特徴

不動産仲介の土地探し
メリット・デメリットについて詳しく知る

建売や自社の分譲地情報には強みを持つ

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、自社の建売や分譲地に関する情報を豊富に持っています。分譲地にパターンオーダーで、自由度のあるマイホームを持ちたいという人にオススメです。

しかし、フラットな視点でゼロから土地探しをスタートするパートナーとしては、土地探しの専門家ではない分、ちょっと弱い部分も……。

住宅に囲まれた旗竿地に光を上手に取り込む家を建ててほしいなど、完全オリジナルなマイホームを建ててもらいたい場合、パターンオーダーが主な設計方法の為、希望に添えない場合があります。

ハウスメーカーの土地探しについて詳しく知る

ハウスメーカーの土地探し
メリット・デメリットについて詳しく知る

不動産仲介が持つ土地の提供力とハウスメーカーの建築ノウハウを、地域限定で兼ね備える

工務店

地域密着型の工務店は不動産仲介の役割や地域密着型の不動産仲介と連携をしています。そのため、不動産仲介が持つ土地情報の提供力と、ハウスメーカーの持つ住宅づくりのノウハウを、地域限定で兼ね備えている存在が工務店です。

カバーしている範囲が限られているため、「ここに住む」と決めている人にとって強力なパートナーになります。

しかし在来工法に寄る建築をメインとするため、用途に特化した、ユニークな注文住宅を求めても、完全には応えられないケースが少なくないです。 とはいえ、地域密着の特性を活かし、限定エリアでのノウハウは豊富にうもっております。実家の家のそばに新しく家を建てる。地元密着で手堅い家を持ちたい。といった人にとって心強いパートナーとなるでしょう。

工務店の土地探しについて詳しく知る

工務店の土地探し
メリット・デメリットについて詳しく知る

希望に合う土地を「自分」で見つけるための方法は?

 

プロに相談することは、土地探しにおいて必須ですが、事前に自身ができる範囲で見当をつけておくことも大切。自分で行う土地の探し方にはどういった方法があるのでしょうか。

インターネットで土地情報をチェックする

自分で土地を探すには、インターネットの利用は欠かせません。「〇〇市 土地」、「△△市△△町 土地」などのKWで、まずは検索してみましょう。出てくるサイトがあまり参考にならないのであれば、不動産業者のホームページから売土地の情報を収集するのもひとつの手。ここで重要となるのが、掲載されている期間をチェックすることです。一概にはいえませんが、一週間以上の期間掲載され続けている土地は、何かしらのデメリットのある可能性も。画面上のみの情報だけでなく、実際に足を運んで見てみることも重要です。

自分の足で希望のエリアを探してみる

インターネットでの検索や情報誌、ときに不動産業者に相談しても、土地の周辺環境は実際にあなたにマッチするものであるか分かりません。ベストだと思えないときには、希望エリア周辺を実際に歩いてみることをオススメします。散歩も兼ねて、現地を歩いていれば、インターネットにまだ掲載されていない空き地が見つかる、なんていうことも。その際には、信頼を置いている不動産会社や施工を依頼する予定の工務店に連絡し、誰が管理している土地なのかを調べてもらいましょう。

よい土地がないか知り合いに聞いてみる

親戚や友人、職場の同僚に良い土地がないか聞いてみるのも自分で土地を探すひとつの方法です。特に銀行関係者や司法書士など、間接的に土地や税に関わる人は、土地関係の情報を多く持っていることも。周囲に関係性の高い知り合いがいるのであれば、是非一度聞いてみては?

地主と直接交渉する

俗にいう「地上げ」という方法です。「売土地」の看板はないけれど、売りに出ているのか、はたまた売りに出る土地なのか。その土地が気になる、という経験はみなさんにもあるのではないでしょうか。そんなときは、土地の所有者と直接交渉するのが最速の解決策です。所有者は各市にある法務局で調べてもらえます。交渉は不動産仲介業者にお願いするのがベター。第三者が売買の仲介に入ることで売主も安心できますし、万が一トラブルが起きたときでも解決しやすくなります。

土地探しの方法を決める前には相場をチェックしておく!

 

仲介業者やハウスメーカー、自分で探すなど、土地の探し方はあらゆる手段が存在します。しかし、いずれの場合も、土地の相場を知らずに始めてしまうと、とんだ遠回りを強いら、良い土地と巡り合う機会を逃してしまう可能性があります。例えば、住みたいと思って探し始めたエリアの土地相場が予算よりも高かった場合、いくら探したとしても予算に見合った土地が出てくる可能性は低くなります。反対に、予算に見合った土地の中でも、想定にないエリアで理想の土地が見つかる可能性もあります。希望エリアの相場とご自身の予算感は、あらゆる可能性を考え、しっかりと把握しておくことが大切なのです。

不動産情報サイトで相場を調べる

SUUMOやHOMES、at homeなどの大手不動産情報サイトでは、現在売り出し中の土地の情報が掲載されています。そのサイトに記載されている土地情報から、相場に近い数値をある程度は把握することができます。ただし、掲載されている数値はあくまで売り出し価格なので、相場に近いだけです。実際には、売主と買主の間で価格交渉が行なわれ、値引きされる可能性もあります。「おおよその相場感を掴む」という認識で調べるようにしましょう。

国土交通省の土地総合情報システムで調べる

国土交通省で不動産取引価格や、最新の地価公示価格を調べられます。実際に取引された価格をアンケート調査で集計したものを公表しているため、信頼性は高め。地価公示価格はインターネットで知ることができます。手順は、土地総合情報システムのホームページにいき、そこから「地価公示・都道府県地価調査」の項目をクリック。都道府県、市町村を選択し、購入したい土地の住所地に近いものを探すだけです。公表されている地価調査の数値は、1㎡あたりの価格で表示されているため、購入したい土地の面積を計算して相場を把握しましょう。

路線価

路線価とは、道路(路線)に面する宅地 1m2あたりの評価額ことです。税金を計算するために、国税局が決定している土地の価格のことで、国税庁のホームページから調べられます。路線価は公示価格の8割程度とされているため、基本的には公示価格を目安に相場を把握するといいでしょう。

参考サイト

土地探しの方法を決める前には土地の基礎情報をチェックしておく!

 

相場と合わせて知っておきたいのは、土地の基礎的な知識。土地探しでは不動産に関する知識が多ければ多いほど希望の土地を見つけられる可能性が高まります。自分で探す際には基礎知識の勉強や情報収集など、積極的に行動しましょう。プロの意見を取り入れつつ、自身でも正確な判断ができるようにしておけば、よりスムーズに土地探しを行うことができるでしょう。

販売図面

販売図面とは、いわばその土地の説明書のようなもの。販売図面に書かれている土地の情報は大きく2つに分けられます。1つは土地の図面とセールスポイント。もう1つが土地の概要です。図面では土地の形と道路がどこにあるのかをチェックします。セールスポイントは不動産業者が推しているところなので、自分に必要なことを見極めて重要な情報だけを抜き出すことが大切です。概要には土地の権利や私道負担面積など大事な情報が記載されているので、細かくチェックするようにしましょう。

建ぺい率と容積率

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合のこと。土地の広さに対して、どれぐらいの土地が建てられるのかの割合がそれぞれの土地には決められています。一方、容積率は敷地面積に対する延べ床面積の割合のことです。家全体の広さがこの容積率によって決まるため、家族構成や理想の間取りには大きく関わってくるものになります。

ハザードマップ

いつくるか分からないとはいえ、やはり自然災害についてもある程度は考慮しておかなければなりません。海沿いであれば津波の被害も考えられますし、活断層付近であれば地震時の被害も大きなものになります。保険に加入していれば金銭的には負担を軽減できるかもしれませんが、生活そのものが成り立たない状況になることも考えられますので、購入を考えている土地が自然災害が起きた際にどのような状況になるのかもまた、事前にチェックしておくべきです。

・土地の全方位

土地の東西南北がどのような環境にあるのかもチェックしておくべきです。これにより、自然災害が起きるリスク、人通り、今後の開発計画などが見えてきます。一部分だけしかみていないと、後になってから「こんなはずじゃなかった」「こんなことになるとは思っていなかった」と後悔することになりかねませんので気を付けましょう。チェックしておくことで未然に防げることは多々あります。

・土地の周辺環境

周辺環境もまた、しっかりとチェックしておくべきです。特に小さいお子様がいる場合、学区・通学路も変わりますし、大きな商業施設があると多くの人が訪れる分、どうしても治安は低下してしまいます。どのような生活を求めているのかによって「理想」も変わるかと思いますが、周辺環境を見て「理想の生活が送れるのか」もチェックしておくと良いでしょう。

・交通機関

最寄り駅から自宅をはじめとする交通機関もチェックしておくべきです。特に交通機関は毎日利用することになります。一日だけであれば耐えられるものでも、毎日となると大きな負担になることも十分に考えられます。もしもそこに住んだ場合、交通機関とどのように付き合っていくことになるのかも晴天時・雨天時共に十分にシミュレーションしておくと良いでしょう。特にバスを利用しなければならない場合、雨天時は混みあいますので時間もかかります。

・都市計画法の「都市計画区域」かどうか

都道府県が指定する「都市計画区域」の場合、その後、道路が敷かれ、商業施設が増え、交通網が誕生するなど、様々な計画が進み、より便利な街へと進化していきます。裏を返せば、都市計画区域ではない場合、その後街が発展しません。どれだけ待っても行政が主導となって何かをすることがありませんので、利便性が高まることはありません。都市計画区域の場合、次第に物も人も集まるので、より利便性の高い生活を送ることが可能です。

・接道義務

都市計画区域内に建物を建てる場合には接道義務があります。家を建てる際、道路に接する麺の長さが定められています。一般的に、「幅員4メートルいじょうの道路に2メートル以上接しなければならない」と定められていますが、区域によっては幅員6メートル以上の所も。自分の好きなデザインをと思っても、接道義務によってデザインそのものが変わるケースも出てくることでしょう。こちらは建築基準法によって定められているものなので、必ず守らなければなりません。

・地盤

見ただけでは分からない地盤もまた、必ずチェックしておくべきです。埋立地の場合、どうしても地盤が緩いのですが、海岸線のみならず、意外な場所が埋立地だったりますし、地層の境界線は、地盤が強固とは言えません。地盤の緩い地域は地震など災害時に大きなダメージを負う可能性があります。家屋の倒壊のみならず、液状化現象や洪水など、様々なアクシデントが想定されますので地盤もまた、しっかりとチェックしておくべきです。

・土地の高低差

周辺の土地の高低差は地図ではなく、実際に肉眼でなければ確認できないものなので必ず確認しておきましょう。地図を見て「駅から近い」「学校まで近い」と思っても、高低差がある場合、毎日大変な坂道を通わなければなりません。賃貸であれば気に入らなければ引越すこともできますが、購入した場合、「毎日大変な坂道を登らなければならない環境」がこれから待っています。地図で見たら駅まで徒歩数分だったものの、実際には倍以上かかるケースもあるので自分自身の目で周辺環境の土地の高低差もチェックしておきましょう。

参考サイト

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

ライフスタイルを土地探しの条件とする、全く新しい「エリアずらし」という方法

ライフスタイルを土地探しの条件とする、全く新しい「エリアずらし」という方法

マイホームのための土地探し、チェックリスト付き!

マイホームのための土地探し、チェックリスト付き!

マイホームのための土地探し。セミナーに行く前に・・・

マイホームのための土地探し。セミナーに行く前に・・・

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ

このカテゴリーの他の記事を見る