不動産仲介で土地探し、メリット・デメリットを紹介

地域密着で土地と建物を探す専門家
「不動産仲介編」

土地探しを不動産仲介業者で行う際のメリットとデメリット

土地探しを不動産仲介業者で行う際のメリットとデメリットをまとめると以下の通りになります。

不動産仲介業者のメリット

地元の情報にはめっぽう強い

不動産仲介業者の最大の特徴は、店舗を構える近隣地域の土地建物の情報量の豊富さです。インターネットには出回っていないような、掘り出し物的な情報を持っていることも珍しくありません。

希望する条件に近い土地をすぐに見つけてもらえるので時間や労力の節約になる

不動産仲介業者は、希望する条件に近い土地や建物をすぐに検索することのできる独自のシステムを構築しているので、欲しい情報をすぐに提供してくれます。わざわざ自分の足で土地を探し歩く必要もないので、時間や労力の節約にもつながります。

購入前・購入後のトラブル防止

土地や建物は個人間でも売買することは可能ですが、金額も大きく必要な書類や手続きなども複雑なので実際には難しいものです。また、個人間の売買では、行き違いなどから購入後に問題が出てくるケースも珍しくありません。

そのようなトラブルを避けるためにも、豊富な知識と経験を持つ土地建物のプロである不動産仲介業者に売買の仲介に入ってもらうことで、売主と買主が円満な契約を結ぶことができます。

売買に必要な書類や契約書の作成などの手続きはすべて行ってくれる

土地建物の売買には、とても複雑な手続きや書類の作成などが必要になります。関係機関に出向いて手続きを行う必要もあれば、書類作成のために売主と何度も確認を取らなければならいないこともあります。このような手続きは個人ではとても難しいので、不動産仲介業者にお任せした方が安心です。

不動産仲介業者のデメリット

仲介手数料が必要になる

不動産仲介業者に売買の仲介役になってもらうことで、トラブルのない円満な契約を売主と結ぶことができますが、その手数料として契約成立時には「仲介手数料」が必要になります。この仲介手数料は、書類作成や土地の調査費用、売主との交渉など、円満な土地取引に向けて仲介業者が行った仕事に対する対価になります。

基本的には不動産仲介業者は建物の設計はしていない

土地建物のプロフェッショナルとはいっても、駅周辺にあるような小規模な不動産仲介業者の場合は、基本的には建物の設計や建築までは請け負っていないことがほとんどです。もちろん、長年地元で営業しているような業者の場合は、繋がりのある設計事務所や建築業者などもあるので、必要とあれば力にはなってもらえますが、仲介業者の仕事は基本的には土地や建物を探して売買を円満に成立させることになります。

しかし、不動産仲介業者の中には、自社の中に設計士がおり、土地探しから建物の設計、建築まですべて請け負っているような業者もあります。土地探しから設計や建築まで、一つの業者にすべて任せたいというような場合は、そのような不動産仲介業者に依頼するのがいいでしょう。

広い範囲の土地探しには期待できない。

駅周辺にあるような不動産仲介業者の最大の特徴は、地元の土地建物の情報量の豊富さです。しかし、店舗を構えている近隣地域の情報量はとても豊富である反面、そのエリアから離れた地域の情報にはあまり期待できません。そのため、一つの不動産仲介業者に土地探しをすべて任せるのではなく、希望するエリアごとに複数の仲介業者に土地探しを依頼した方が効率的です。

土地・建物探しにはめっぽう強い不動産仲介

駅の近くや商店街などに多くある不動産仲介業者。賃貸住宅を借りるときなどに頼った経験もあると思います。マンションや建売、注文住宅など、そもそも土地探しだけでなく、どんな家に住みたいか?を決めかねている場合、全ての情報をもっているので、心強いですね。不動産仲介の大きな特徴として、出来上がっているもの、マンションや建売の豊富な情報と豊かな知識があります。マンションを検討している。建売を検討しているという方はオススメですね。

また事務所を構える周辺の不動産情報に強く、駅周辺の半径4~8kmの情報ならどこにも負けないといった特長を持ちます。大手などはその周辺をさらに6ブロックから8ブロックに分け、そこのエリアに特化した担当者をつけ、より詳しい情報を扱うようにしています。その意味でエリアを決めて土地探しをしている方には非常に心強いパートナーとなります。

ただし路線や駅を超えて広域で土地を探す場合、チェーン展開している大手の不動産仲介を回ったとしても、前述のとおり、各エリアの営業所で担当者は変わります。もちろんある程度情報共有はしておりますが、訪れた先で自分の希望を担当者に説明し直さなければいけないので、少し面倒です。

とはいえ大手の場合、自社物件も多くレインズなどの業者向け不動産情報に負けないくらい掘り出し物件を持っています。狭小の再建築不可物件など、普通だと手の届かないような土地にある、ちょっと条件の悪い中古住宅など、やりようによっては非常に魅力的になる物件を持っていたりします。

土地を活かした注文住宅の提案は苦手

売りに出されている土地を活かしてどのようなマイホームを建てられるかといった相談は基本的に専門外だと知っておく必要があります。「とにかく実家の近くで、建売でもいい」など、実家の近所に家を建てたい、配偶者の実家の近くに家を建てたいといった人には強い味方ですが、ライフスタイルに合わせた住環境を探したい、あるいは自分の理想とする建物をゼロから作っていきたいと考える人は、複数の不動産仲介や設計事務所や工務店の力も借りなければなりません。

希望のマイホームを建てたいなら、設計士の居る不動産仲介を探す!

土地情報の提供力には、やはり圧倒的に優れる不動産仲介。自己流で「エリアずらし」を実践する場合などには、大きな力になってくれます。

また土地さがしセミナーを開催している業者も複数あり、勉強になります。 「土地探し セミナー」で検索すると、さまざまな土地探しセミナーがでてきます。なかには無料セミナーもありますので、最寄りのセミナーをみつけ、参加してみてはいかがでしょうか?

土地探しセミナーなどでのやり方を学んだら、「エリアずらし」の情報源として不動産仲介を活用する手もよいですね。

そして、中には設計士のいる不動産仲介もいます。そういった仲介業者であれば、エリアずらしの知識はなくとも、選んだ土地にどういった家を建てるか?またどういった土地を選べば良いのか?どういったマイホームを建てれば良いのかといった相談を受け付けてくれます。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

設計士のいる不動産仲介「デザイン住宅の窓口」の特徴

設計士のいる不動産仲介「デザイン住宅の窓口」の特徴

「土地購入で頼れるパートナーは誰?絶対に失敗しない土地探し」

「土地購入で頼れるパートナーは誰?絶対に失敗しない土地探し」

マイホームのための土地探し。不動産仲介のメリット・デメリット

マイホームのための土地探し。不動産仲介のメリット・デメリット

土地探しのコツを大紹介!マイホームを建てるためのチェックポイントとその極意とは?

土地探しのコツを大紹介!マイホームを建てるためのチェックポイントとその極意とは?

マイホームのための土地探し。ハウスメーカーのメリット・デメリット

マイホームのための土地探し。ハウスメーカーのメリット・デメリット