東京湾に面するアクセス良好な江東区の土地探し

土地探しするなら知っておこう、江東区の魅力

江東区

平均所得 423万円
平均住宅面積 58.81㎡
犯罪発生率 0.82%
平均土地価格(住宅地) 75万5900円/㎡
家賃相場(1LDK) 13.31万円
住宅取得支援新築購入補助助成金制度 なし
住宅支援増築・改築・改修助成金上限額 非木造住宅に対する耐震改修。耐震診断で上限100万円、耐震設計で上限100万円、耐震改修工事で上限200万円の助成。介護に必要な改修。上限20万円、介護保険1割負担で上限18万円、2割負担で上限16万円、3割負担で上限14万円。
妊婦検診費助成回数助成合計上限額 14回/7万6760円
乳幼児・子ども医療費助成(通院)対象年齢 中学校卒業まで/自己負担なし
私立幼稚園補助金(保育料) 保護者補助金として年額108,000~182,400円、就園奨励費補助金として年額154,000~308,000円。世帯収入により変化。
介護保険料基準額(月額) 3,300円
水道料金(口径20㎜で20㎥の月額) 3,041円
下水道料金(20㎥を使用した場合の月額) 1,922円
ガス料金(22㎥使用した場合の月額) 11,286円
ふるさと納税に対する取り組み なし
都市公園数 194ヶ所
一般総合病院数 18ヶ所
病床数(1万人あたり) 50.9床
保育所数 90ヶ所
待機児童数 76人
老人ホームの数 59ヶ所
スーパーの数(1万人あたり) 1.4ヶ所
コンビニの数(1万人あたり) 5.6ヶ所
飲食店の数(1万人あたり) 42.5ヶ所

江東区の特徴

江東区は利用できる路線が多いことが特徴です。総武線、京葉線、東京メトロ各線、都営地下鉄、東武亀戸線、ゆりかもめ、りんかい線など、合計10もの路線を利用することができます。そのため、都内のあらゆる場所へのアクセスが良く、都心部への通勤・通学が必要な方の土地探しにおすすめのエリアです。そのアクセスの良さに反して、江東区内は静かで自然が多く、住みやすい場所としても有名。東京湾からも近く、荒川と隅田川を擁するため、水や緑を身近に感じることができるでしょう。さらに、子育てを支援する制度が充実しているところも魅力の一つ。子育て世代にとっては理想的なエリアだと言えます。

江東区にある路線と駅を紹介

江東区には次の路線と駅があります。

路線名 駅名
JR総武線 亀戸駅
JR京葉線 越中駅
潮見駅
新木場駅
都営新宿線 森下駅
住吉駅
西大島駅
大島駅
東大島駅
都営大江戸線 森下駅
清澄白河駅
門前仲町駅
東京メトロ東西線 門前仲町駅
木場駅
東陽町駅
南砂町駅
東京メトロ有楽町線 豊洲駅
辰巳駅
新木場駅
東京メトロ半蔵門線 住吉駅
清澄白河駅
東武鉄道亀戸線 亀戸駅
亀戸水神駅
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線 船の科学館駅
テレコムセンター駅
青海駅
国際展示場正門駅
有明駅
有明テニスの森駅
市場前駅
新豊洲駅
豊洲駅
東京臨海高速鉄道りんかい線 東京テレポート駅
国際展示場駅
東雲駅
新木場駅

江東区のアクセス状況

江東区の主要駅のひとつである「豊洲」から「東京駅」「新宿駅」「新橋駅」「品川駅」までの所要時間は次の通りです。

駅名 所用時間 行き方
東京駅 20分程度 「東京メトロ有楽町線和光市行き」に乗車し「有楽町駅」で下車。「JR山手線(内回り)東京方面行き」へ乗り換えなど。
新宿駅 30分程度 「東京メトロ有楽町線和光市行き」に乗車し「市ヶ谷駅」で下車。「都営新宿線橋本行き」へ乗り換えなど。
新橋駅 20分程度 「東京メトロ有楽町線和光市行き」に乗車し「有楽町駅」で下車。「JR山手線(外回り)品川方面行き」に乗り換えなど。
品川駅 25分程度 「東京メトロ有楽町線和光市行き」に乗車し「有楽町駅」で下車。「JR山手線(外回り)品川方面行き」に乗り換えなど。

都心へのアクセスは非常に良いといえます。通勤・通学・お出かけを便利に行なえるはずです。

土地探しをするなら知っておきたい、江東区の人気エリア

臨海部エリア

江東区の臨海部エリアには、平成30年に築地から移転した「東京都中央卸売市場豊洲市場」があります。市場ならではの新鮮な魚介類を購入することができるほか、ギャラリーの展示や飲食店なども併設されているため、立ち寄るだけでも様々な楽しみ方ができるでしょう。また、豊洲公園や春海橋公園、豊洲ぐるり公園など、大きな公園があることも特徴的。子どもの遊び場として、スポーツの場として活用することができます。さらに、豊洲からは浅草行きの水上バスも運行しており、豊かな自然を思う存分楽しみたいという方の土地探しに最適なエリアです。

深川エリア

江東区は利用できる鉄道路線が多いエリアですが、深川エリアでは鉄道の路線が設置されていません。その分、臨海部エリアよりもアクセスの良さでは劣りますが、江戸の歴史を感じられるエリアとして高い人気を誇っています。その代表的な存在であるのが、江戸三大祭りの一つである「深川八幡祭り」。120もの神輿が街を練り歩く光景は見ものであり、深川の一大イベントにもなっています。また、名物としては深川めしが有名で、江東区の中でも独自の文化を築き上げているエリアだと言えるでしょう。

江東区が隣接している区

江東区は、「江戸川区」「墨田区」「中央区」「港区」「品川区」「大田区」と隣接しています。

土地の傾向について

6つの区と隣接しているうえ、「JR総武線」「JR京葉線」「都営新宿線」「都営大江戸線」など複数の路線が走っているので、東京都内の幅広いエリアへのアクセスに優れます。臨海副都心開発によって誕生したお台場の大部分が区内にある点も魅力です。近年では、「豊洲市場」の開場で話題になった豊洲エリアの再開発も進められています。元々は工業地帯でしたが、現在は高層マンションや商業施設などが建ち並びます。江東区は、年々、人気・注目が高まっているエリアといえるでしょう。

このカテゴリーのトップにもどる