若者向けの商業施設がひしめくショッピングの街!町田市の土地探し

土地探しするなら知っておこう、町田市の魅力

町田市

平均所得 389万円
平均住宅面積 79.24㎡
犯罪発生率 0.89%
平均土地価格(住宅地) 14万9000円/㎡
家賃相場(1LDK) 9.00万円
住宅取得支援新築購入補助助成金制度 なし
住宅支援増築・改築・改修助成金上限額 バリアフリー改修工事。助成対象工事の費用の4/5、上限10万円。
妊婦検診費助成回数助成合計上限額 14回/7万6760円
乳幼児・子ども医療費助成(通院)対象年齢 中学校卒業まで/通院で自己負担あり
私立幼稚園補助金(保育料) 就園奨励費として年額62,200~308,000円、保護者補助金として年額39,600~114,000円を支給。世帯収入によって変化。
介護保険料基準額(月額) 3,700円
水道料金(口径20㎜で20㎥の月額) 2,741円
下水道料金(20㎥を使用した場合の月額) 1,566円
ガス料金(22㎥使用した場合の月額) 11,908円
ふるさと納税に対する取り組み 10,000円以上の寄付で、食品、出張フットサルクリニック、美術館パスポートなどを進呈
都市公園数 691ヶ所
一般総合病院数 21ヶ所
病床数(1万人あたり) 35.4床
保育所数 67ヶ所
待機児童数 151人
老人ホームの数 103ヶ所
スーパーの数(1万人あたり) 1.5ヶ所
コンビニの数(1万人あたり) 3.7ヶ所
飲食店の数(1万人あたり) 32.6ヶ所

町田市の特徴

町田市は東京都の南に位置しており、神奈川県の方に飛び出したような形が特徴的なエリア。そのため、都心部のベッドタウンとして機能して入るものの、神奈川県とのつながりが深く、交通や経済の一部では神奈川県に属しているものもあります。東京都内では多摩市や八王子市と隣接していますが、市の境に里山丘陵が存在しており、神奈川県へのアクセスの方が良いことも理由の一つでしょう。町田市内には大学が多く、若者が集まる土地としても有名。義務教育期間内から大学卒業まで、長いスパンを見通した土地探しができるエリアです。

土地探しをするなら知っておきたい、町田市の人気エリア

原町田エリア

原町田エリアは、町田市の主要駅である町田駅北口を出たところに広がります。「多摩の渋谷」とも言われるエリアで、通りには多くの店舗が軒を連ね、ショッピングやグルメを楽しむ場所はとても豊富です。また、駅の中に小田急百貨店やルミネがあり、その周辺にはマルイ、東急ツインズ、モディ、109など、若者が集まる大型商業施設が多く集まっています。そのため、都心部の人の多さと煩雑とした雰囲気を避けながらも、日常的にショッピングを楽しみたいという方の土地探しにおすすめできます。

北多摩エリア

北多摩エリアは、立川市を中心としており、東部は武蔵野市や三鷹市、西東京市にまで連なります。そのため、東部は都心部で働く方のベッドタウンとなっており、閑静な住宅街と豊かな自然が残る地域として人気です。その他、製造業が盛んなエリアでもあり、昭島市の工業団地は東京の製造業の中心となっています。町田市は北多摩エリアの最西端と接しているため、北多摩エリアへのアクセスも良好。今後、町田方面に延伸する可能性のある「多摩モノレール」も利用することができ、町田に住む方にとっては都心部や副都心部へのアクセスの要となるでしょう。

このカテゴリーのトップにもどる