ありのままの自然が残された青梅市での土地探し

土地探しするなら知っておこう、青梅市の魅力

青梅市

平均所得 313万円
平均住宅面積 87.62㎡
犯罪発生率 0.77%
平均土地価格(住宅地) 10万8353円/㎡
家賃相場(1LDK) 6.96万円
住宅取得支援新築購入補助助成金制度 なし
住宅支援増築・改築・改修助成金上限額 介護のための改修。上限20万円まで、改修費用の9割を支給。
妊婦検診費助成回数助成合計上限額 14回/7万6760円
乳幼児・子ども医療費助成(通院)対象年齢 中学校卒業まで/通院は自己負担あり
私立幼稚園補助金(保育料) 幼稚園就園奨励費補助金が第一子で年額62,200~308,000円、市立幼稚園等園児保護者補助金が第一子で年額46,000~62,400円。世帯収入によって変化。
介護保険料基準額(月額) 3,000円
水道料金(口径20㎜で20㎥の月額) 2,764円
下水道料金(20㎥を使用した場合の月額) 1,734円
ガス料金(22㎥使用した場合の月額) 10,819円
ふるさと納税に対する取り組み 1回1万円以上の寄付で特産品などを進呈。寄付金額以内で最大10品まで選択可能。
都市公園数 92ヶ所
一般総合病院数 16ヶ所
病床数(1万人あたり) 80.5床
保育所数 30ヶ所
待機児童数 12人
老人ホームの数 39ヶ所
スーパーの数(1万人あたり) 1.7ヶ所
コンビニの数(1万人あたり) 4.5ヶ所
飲食店の数(1万人あたり) 37.7ヶ所

青梅市の特徴

青梅市には、ゴルフ場や惣岳山などがあり、東京都の中でも特に緑豊かなエリアとして評判になっています。市内にはJR青梅線が通っており、線路沿いには店舗が存在するものの、線路沿いから離れると少しずつ店舗や住宅数が少なくなっていき、そのままの自然を楽しむことができるエリアです。データによると、青梅市内の約60%が森林となっていると報告されているので、都会の喧騒を離れてゆっくりと暮らしたいという方の土地探しにとっては、理想的なエリアでしょう。都心部からはかなり距離がありますが、市内にはJRの駅が10も存在しているため、公共交通機関を使った都心部へのアクセスも可能です。

青梅市にある路線と駅を紹介

青梅市には、次の路線と駅があります。

路線名 駅名
JR青梅線 河辺駅
東青梅駅
青梅駅
宮ノ平駅
日向和田駅
石神前駅
二俣尾駅
軍畑駅
沢井駅
御嶽駅

青梅市のアクセス状況

青梅市の中心といえるのが青梅駅周辺です。「青梅駅」から「東京駅」「新宿駅」「新橋駅」「品川駅」へのアクセス状況は次のようになっています。

駅名 所用時間 行き方
東京駅 70分程度 「JR青梅線・青梅特快・東京行き」に乗車。乗り換えなしで「東京駅」へ行ける。
新宿駅 55分程度 「JR青梅線・青梅特快・東京行き」に乗車。乗り換えなしで「新宿駅」へ行ける。
新橋駅 80分程度 「JR青梅線・青梅特快・東京行き」に乗車し「東京駅」で下車。「東京駅」から「JR山手線(外回り)品川方面行き」に乗り換えなど。
品川駅 85分程度 「JR青梅線・青梅特快・東京行き」に乗車し「新宿駅」で下車。「新宿駅」から「JR山手線(内回り)渋谷方面行き」乗り換えなど。

以上の通り、都心へのアクセスは悪くありません。通勤時間帯(午前7時台・午前8時台)に「青梅特快」は運航していませんが、代わりに「快速」「通勤特別快速」が運航しています。「快速・東京行き」を利用した場合の「東京駅」までの所要時間は90分程度、「通勤快速・東京行き」を利用した場合の「東京駅」までの所要時間は84分程度です。

土地探しをするなら知っておきたい、青梅市の人気エリア

東部エリア

青梅市の東部エリアには比較的店舗が多く集まっており、青梅市役所が位置するのも東部エリアです。ですが、東部エリアで最も特徴的な部分といえば、様々な企業の工場が集まる三ッ原工業団地が形成されているところでしょう。三ッ原工業団地は1960年代に造成されたもので、日立製作所、セーラー万年筆、ヤマト運輸、日立物流などの事業所が立ち並んでいます。また、これらの事業所とともにフォレオ青梅今井、カインズホームなどの商業施設もあり、2019年には大型商業施設がオープンする予定であるため、青梅市内で賑やかなエリアに住みたいという方は、東部エリアでの土地探しをおすすめします。

北部、西部、南部エリア

青梅市は西部に行くほど店舗数が少なく、自然が多くなっていくという特徴を持ちます。そのため、西部に向かっていくと道路も少なくなり、ありのままの自然が残された光景が眼前に広がります。そのため、青梅市で自然とともに暮らしていきたいという方は、西部エリアでの土地探しがおすすめ。北部エリアも西部エリア同様に自然を楽しめるエリアですが、南部エリアには明星大学青梅キャンパスなどもあり、比較的賑わっています。また、JRの路線は南部に通っているため、都心部への通勤や通学を考えている方の土地探しでは、南部エリアが便利でしょう。

青梅市が隣接している区を紹介

青梅市は23区と隣接していません。隣接している市町村は、東京都の「奥多摩町」「あきる野市」「日の出町」「羽村市」「瑞穂町」、埼玉県の「飯能市」「入間市」です。

土地の傾向について

青梅市は緑豊かなエリアです。しかし、「東京駅」に乗り換えなしで行ける「青梅線」が走っているので、都心へのアクセスは悪くありません。都心で働きながら緑を感じたい方にピッタリのエリアといえるでしょう。

このカテゴリーのトップにもどる