土地探しに疲れた・・・土地探し難民になった家族のその後

終わらない土地探しに疲れた。一体いつになれば安息の地は見つけられるのか?土地探しオデッセウス夫婦

終わらない土地探しに疲れた。一体いつになれば安息の地は見つけられるのか?土地探しオデッセウス夫婦

土地探しを開始して5年近く経ち、探し疲れによって一旦マイホームを諦めているというご夫婦をご紹介します。

今後もゆっくりと探し続けて、いい土地があれば、そのタイミングでマイホームを建てようと考えているそう。果たしてこの夫婦は、土地探しの何に疲れ、どうすればスムーズな土地探しを行うことができたのでしょうか。

子供が小学生にあがるタイミングで一軒家購入を決意

私たちの家族構成は、夫と私、そして子どもが2人の4人家族。

土地探しを始めた当時は、上の子がちょうど小学校に上がる前。入学してからの引越しは子どものことを考えると気が引けたため、何とかそれまでに一軒家を、と思っていました。

しかし、知識も何もなかった私たちは、どこに住もうか見当もつきませんでした。土地探しは当然うまく進まず、子ども2人とも小学校に入学してしまいました。

子供の入学や夫の独立…タイミングを逸してしまう

もともと、夫婦で同じ会社に勤めていたのですが、夫は子供が小学生にあがるときに独立。家の近くで起業したため、近隣の土地が絶対条件に。

私も2度の育児休業を経て、家から自転車で通える都心部の会社に勤めているため、出来れば今の土地は離れたくない。

加えて、子供の転校などを考えると、やはり今住んでいる周辺での土地探しに限られます。

しかし住まいは都心部。このあたりで、子どもが転校せずに済むような学区内で土地を探してみても、手の出せる予算内で出てくる土地は狭い土地ばかり。この周辺で売りに出ている土地は隣家の密集した狭い土地がほとんどでした。

今考えると、子供の入学や独立、私の職場復帰などにより、選べる土地の範囲が狭まったのは確か。良い土地と巡り合えるチャンスがその分減ったというのが土地を決めるタイミングを逃した一番の要因だと思います。

それでも一度探し始めたからには諦めきれない

とはいえ、マイホームを持つことは私の夢のひとつですし、土地を見ていると良さそうなところもたまにあるんです。

実際に現地に行ってみたり、毎週不動産屋に行ったり。土地探しを諦めることはできませんでした。

一方で、探せば探すほど、「日当たりのいい土地」「窓の大きくとれる広めの土地」など、こだわりも強くなりました。

もっといい物件が出るかも、そう思うとなかなか決められず。気付けば5年近く土地を見続け、身体的にも精神的にも疲れ果てていたのです。

夫のずっと賃貸でもいいという意見にながされて現在に…

夫はというと、「確かに家を持つなら日当たりは重要。でもそんな土地がないんだから、別にずっとこの賃貸でもいいんじゃないの?」とさっぱりした感じでした。なかなか決まらない土地探しに疲れてしまい、私もいまは気力がなくなってしまい、この案に賛同気味。老後に土地という資産を持っていたいと思うこともありますが、子どもが成長するまでは、狭いですが今の賃貸に住み、老後は郊外の安い賃貸に住み替えようかなと考えています。

買うなら買う、買わないなら買わないで、有意義な時間の使い方があると思います。これまでに土地探しのために費やした長い年月を考えると、なんか損した気分になります。

その他の経験者が語る!土地探しに疲れた時にすべきこと

「無理をして夫婦一緒になって探さない」Aさん(女性)

夫婦のうち、土地を探すエネルギーがある方がリードして、二人とも疲れたら休んで、ということを繰り返しました。 どんなに頑張って探してもないときはないですし、土地との出会いは結局「運」が大きいかなと思います。なので、無理をすべき時と休む時をしっかり分けて、夫婦で協力していけば理想の土地は見つかると思います。

Aさんの事例に対するコメント

「夫婦の意見が合致しないと…」という想いからも、二人で一緒になって探す夫婦は数多くいらっしゃいます。もちろん、それですぐに理想の土地が見つかれば問題ありませんが、こちらの経験者の方が言うように、土地の出会いは運によるところも大きいのが事実。奥さんが休んでいる間にはご主人が探し、ご主人が仕事などで忙しいときには奥さんが探す。臨機応変に夫婦で乗り越えていくことで、夫婦が揃って土地探しに疲れたという状況は回避できるでしょう。

「厳しい言葉ですが「疲れた」なんて言っている場合ではない」Bさん(女性)

土地探しに疲れてしまう気持ちはよく分かります。しかし、土地探しはそんなに甘いものではないと思います。その土地は唯一無二であって、一度逃したら同じ土地は見つからない、というのが私の持論です。運命的な出会いがあるからこそ、土地を探している人はみな頑張っているんです。私は一年間、毎週末に色々な土地を見て回りました。そんななか、区画整理中の現場で作業員の方と話をして「売りに出す土地があるみたい」という話を聞き、売りに出される前に即決して土地を決めました。不動産屋によると、決めた次の日にはその土地を買いたいという人の問い合わせがあったそう。こういった経験があるからこそ、疲れたと言って休んでいる暇はないと思います。

Bさんの事例に対するコメント

努力は報われる、という言葉ではありませんが、探し続けた結果が実を結んだ実例になります。「土地探しを休む」とはいっても、ぱったりと手を止めてしまえば、良い土地の情報が不動産屋任せとなり、結果として理想の土地と縁遠くなってしまうのは当然の話。この事例のような、売りに出される前に先手を打つということは難しくなります。「休む」ということは、その道の専門家の手を借り、計画的に、かつ自分達が楽ができるように土地探しを行うことだと思います。例えばこの事例であっても、きっとやみくもに探していたわけではないのではないでしょうか。ある程度理想とする土地を絞り、効率的に土地探しをおこなえば、こういった運命的な出会いも絶対にあるはずです。

「モチベーションが下がった場合には一切土地の情報を見ない」Cさん(女性)

私は本当にやる気が起きず、もう家を建てるのは見送ろうかと思うくらいにモチベーションがさがってしまいました。そんな時に私が取った行動は、「子どもと遊んでお昼寝をする」「撮りためたテレビ番組を見る」「植物を育てる」でした。はじめは、なんだかさぼっているような気持ち(実際にさぼり気味でしたが…)で、気が引けたのですが、子どもと遊んでいるとこういう家がやっぱり欲しいよな、と思ったり。テレビを見ていても、「このキッチンが素敵だ!」「小さくてもお庭が欲しい」だとか、一軒家への意欲がすごくわいてきました。理想の家がイメージできると、土地探しの選択肢も広がった気がして、これらが良い気分転換になったなと今では思います。

Cさんの事例に対するコメント

住みたい家のイメージは、土地探しにおいて何よりも重要です。漠然と土地を探していると、何を土地の理想とすべきかもぼやけてしまい、気が滅入ってしまう事も多くあります。今のライフスタイルや、今後理想とするライフスタイルを明確にし、ではこういった家に住みたい場合はどこに住めばいいのだろう。こういった疑問を家づくり・土地探しのプロに相談することで、土地探しに疲れることなく、理想の土地への距離がグッと近づきます。

「事前準備に十分時間をかける」Dさん(女性)

土地探しに苦戦していると「疲れた」という自己暗示にかかってしまうので、思考を切り替えて「いい準備期間だ」と思うようにしていました。実際に、土地がとんとん拍子で決まった場合には、実印をじっくり時間をかけて作ったり、その実印で印鑑登録をしておく、といったことがなかなか難しいようです。その他にも、理想の家についてより細かく計画を立てなおしたり、住宅ローンについて学びを得ておくなど、実は土地を決める前にやるべきことはたくさんあります。一息をつくではありませんが、土地探しとは違うことを事前に済ませておくことで、土地探しに専念することができたと私は感じます。

Dさんの事例に対するコメント

疲れて手を止めた時に何をするべきか、こちらのご夫婦はとてもいい好例であると思います。土地探しに疲れたご夫婦によく見られるのは、「不動産屋にすべてお任せします」と投げやりになってしまうケース。もちろん、全力でお手伝いはしますが、理想の家や希望の土地の相談なくして、候補の土地をあげることは困難です。どういった家に住みたいのか、どういった住宅ローンを利用し、どのような返済計画を立てているのか。土地探しに行き詰っているからこそ、こういった部分の見直しを行い仕切り直せることで、理想の土地の視野が広がり、プロからも提案のしやすい状況が生まれるのです。

専門家からのコメント

引っ越しやマイホーム購入は、とても大きなエネルギーが必要です。忙しい毎日を送っていると、どうしても現状維持という選択肢を選んでしまいがちですね。土地探し「難民」にならないために、ここでは2つのアドバイスをしたいと思います。

狭い土地でもよい家は建つ

狭い土地でもよい家は建つ

この体験談の方は立地を重視して土地探しをしていたため、どうしても狭い土地しか手に入れることができないことに悩みを抱えておりましたね。狭い土地でも土地の情報を持って設計士に相談をしてみるのがよいかもしれません。普通に考えると採光できないような土地であっても専門家の設計力であれば、隣家の屋根の勾配に合わせた採光用の南窓を2階の天井付近に設けるなど、光を取り込む家を設計してもらえる可能性が高いです。設計士に聞くことで、その土地の隠れた魅力を引き出してくれるかもしれません。

土地候補の絶対数が少ない場合、設計士に相談しながら土地を選ぶことはとても重要になります。対象外だと思って見過ごしてしまいそうな土地情報であっても、設計士に相談して見直すことで、予算に合う快適な家が建つ可能性があります。少ない土地候補の中でも、土地と家をセットで考えることでよい土地が見つかるかもしれませんね。

候補の土地がある場合、設計士のいる不動産仲介に相談するのも良いでしょう。

セミナーに参加して計画的に土地探し

セミナーに参加して計画的に土地探し

マイホーム購入を検討される方の多くは、お子さまのご出産・ご進学がきっかけのひとつとなるといわれています。しかし、その時期は、夫婦共に何かと忙しい時期。自分たちだけで計画を立てることで、先延ばしになってしまうケースがほとんどなのです。

さらに、自分たちだけで計画を立てることは、自分たちの理想が分からないまま闇雲に土地探しを始めてしまう事となり、これまでご紹介してきた事例のように「土地探しに疲れた状況」を生み出します。

個人で計画を立ててしまうと、先延ばしにしてしまいがち、「誰かに手伝ってもらう」という 第三者の助言があった方が計画通り進めやすくなる傾向があります。希望に合う土地がなかなか見つからない場合もすぐに担当者に相談ができ、新しい土地を見つけやすいというメリットもあります。土地探しによる疲れを回避をするためには、不動産仲介や、設計事務所などが開催しているセミナーに参加していろいろな人の力を借りて計画を立てることを強くお勧めします。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

土地探しのコツと極意を徹底的に解説

土地探しのコツと極意を徹底的に解説

土地探しは何からはじめる?土地探しの優先順位を解説

土地探しは何からはじめる?土地探しの優先順位を解説

土地探しはなぜ難航する?難しいといわれる土地探しの仕組みに迫る!

土地探しはなぜ難航する?難しいといわれる土地探しの仕組みに迫る!