売買契約でかかる諸経費以外の住宅購入・土地購入で必要な諸費用

住宅ローン対象外の諸費用はバカにできない!

家を買う際に、「とりあえず住宅ローンで全部まかなえるだろう」と考えている人は要注意!実はローンでカバーしてもらえない諸費用はかなり多くあるのです。

登記など必要経費以外がかかる場合も

土地購入やマイホームを建てる時に必要な経費については、こちら(土地購入に必要なあらかじめ準備して考えなければならない費用)に詳しく述べておりますが、実はそれ以外にも費用がかかる場合があります。しかもそういったものは住宅ローンの適用外の場合があります。

やっかいなことに、土地によってその性格が違うため、一般論として注意することができても、その土地に足りないものが何か?がなかなか見つけにくいということです。

例えば、上下水道の管が細すぎるため、拡張工事をしなければならず、別途工事費をキャッシュで用意しなければいけない。ほかにも擁壁が不適格だったため、別に擁壁を立てないといけない。袋小路の土地を購入したが、側溝がなく作らないといけない。元々農地だった場合は、農地転用届けの手続きや造成費などがかかり、土地の値段とほぼ同額以上の値段になることもあります。それ以外にも、地鎮祭費用や照明器具やカーテンなど。こういったものは「家を建てるために必要な費用」とみなされず、住宅ローンでまかなえない場合も。

基本的には土地と建物にたいして住宅ローンは適用されるので、それ以外の費用は自前で持っていないといけないです。もちろん業者によっては提携業者などがいますが、原則はあくまで土地と建物。このポイントだけは忘れないでください。

また一般的に手元資金として、大体300万円〜500万円くらいが必要なことが多いそうです。

いざ家を建てる時に想定外の出費のためどこにもお金を借りれなかったといった事態を防ぐために、土地の候補が決まったら、何がどのくらい必要か?個別相談をしてください。

必要経費以外の諸費用をどこに相談するべきか?

個別相談は設計事務所や工務店をオススメします。家周りのことは暮らしのために必要経費。実際に家を建てる専門家でないと見落としがちになります。なので、家を建てるプロに聞くことがイチバンの解決方法です。地域の特性や実際の状況から、だいたいどのくらいかかるのか?この場所はこういう経費がかかる危険性をはらんでいるなど、それを踏まえた資金計画をたててくれる場合もあります。

そういった意味でも広域での土地探しからその土地にあった家づくりまで相談できる、設計士のいる不動産仲介が最も良いパートナーといえます。土地を探す・家を建てる・資金計画・ローン以外の諸経費とワンストップで相談できることが、土地探しを成功に導くヒケツと言えます。

まずはセミナーで知識を深めることも重要

土地探しセミナーなどではこういった気をつけるポイントやその事例などを細かく説明してくれます。「安い土地を買ったが、ローンに組み込めない工事がいっぱいあった」といった失敗をしないように、まずはセミナーで知識を深め、実際に土地を探し、候補が決まったら本当にその土地が良い土地なのか?どのくらい経費がかかるのか?個別相談をすることをオススメします。一見遠回りに見えますが、こういった一連の相談をすることこそ、効率的に理想のマイホームを手にいれる第一歩なのです。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

選んだ土地を相談しよう

選んだ土地を相談しよう

ローンは?頭金は?土地さがしマネーのススメ

ローンは?頭金は?土地さがしマネーのススメ

家を建てる前に知っておきたい、税金や助成金

家を建てる前に知っておきたい、税金や助成金