土地購入をキャンセルしたい…そんな時はどうするべき?

土地購入はキャンセルできる?

土地購入は人生の中でもかなり大きな買い物になるので、迷うのも当然です。購入を決断してからも他に目移りしてしまうこともあります。 そんな時に気になるのがキャンセルできるのかどうかという点。

「そもそも土地購入はキャンセルできるのか?」「契約前と後とでキャンセルできるかどうかが変わる?」「違約金は?」 など、土地購入のキャンセルにまつわる疑問をスッキリ解消させましょう。

契約前

契約前のキャンセルは出来ます。

土地購入の取引は、購入申し込みから始まります。申し込みの後から、価格の交渉、売買契約の段取りをして、売買契約をする流れになります。契約前ということは、その土地を買いたいという、意思を売主に伝えただけであって、売買契約は成立していません。

口約束で購入の意思があることを伝えたので、キャンセルが出来ないと思う方がいるかもしれませんが、書面での契約のみが有効なのでキャンセルしても大丈夫です。

不動産購入申込後のキャンセル

購入申し込み自体には、実は法的な拘束力がありません。売買契約書に署名、捺印していないのであれば、キャンセルすることは出来ます。「申込証拠金」などを支払った後でも、そのお金は返金されます。売主からも損害賠償など請求されることは、ありません。ただし、売買契約の為に書類の作成などを行った不動産の方には迷惑がかかることになるので、よく検討してから決断して下さい。

仮契約後のキャンセル

土地購入の売買契約で「仮契約」というものは、存在しません。契約の時はたくさんの書類にサインをします。不動産の方の言う通りに、理解しないでサインをしてしまうこともあるかもしれませんが、後々大変なことにならないように、書類をよく読み理解してからサインすることをお勧めします。たくさんの書類にサインをして、それを仮契約と勘違いをしてしまう場合もあるかもしれません。本契約の時はよく確認してサインして下さい。

売買契約後

売買契約後のキャンセルはすでに契約しているので、契約解除ということになります。売買契約後のキャンセル(契約解除)は、理由やタイミングによって異なりますが売買契約書で定められている方法で処理されます。契約の前に「重要事項の説明」をよく読んで内容を理解し納得してから契約することが大切です。

買主都合によるキャンセル

「買主の気が急に変わった」「資金が準備できなくなった」「両親に反対された」などの、個人的な都合によるキャンセルの場合、手付放棄と言って契約の時に支払った手付金は、返金してもらえません。例えば手付金に100万円支払ったとしたら、その100万円は放棄することになります。

違約金が発生するケースも

買主都合のキャンセルで手付金の放棄だけではなく、違約金が発生するケースもあります。それは、手付解除の期間を過ぎてからの、買主都合のキャンセルの場合です。売買契約の時に手付解除できる期日を決めています、その期日を過ぎてからの買主都合のキャンセルは、契約により、違約金の支払いが発生します。違約金の金額は売買契約書に明記してありので、よく確認しておきましょう。

特約による契約解除とは?

特約による契約解除もあります。住宅ローン特約と買い替え特約です。

・住宅ローン特約

買主が金融機関から住宅ローンの融資を受けられない時に契約を解除できる特約です。売買契約を解除しても手付金は買主に返金され、違約金も発生しません。

・買い替え特約

買主が自宅を売却して購入をする場合、決められた期日までに自宅を売却できなかった時は、契約は無効になる特約です。売買契約を解除しても手付金は買主に返金されて、違約金も発生しません。

土地購入のキャンセルに関して実際にあった質問

冒頭にもお伝えしたように、土地購入は大きな買い物です。迷って決断したとしても、「本当にこの土地で良かったのか?」と悩んでしまうことは往々にしてあると思います。そこでここでは、同じように土地購入のキャンセルに関して悩みを抱える方々の、実際にあった質問を見てみましょう。

土地契約後の自己都合によるキャンセルについて

質問:

土地購入の契約をしたのですが、資金繰りにどうしても不安があり解約したいと考えています。土地価格は2600万円で契約。手付金100万円を支払い済みで、残金の2500万円は3月末に決済します。土地売買契約書には、相手側が契約の履行に着手している場合、違約金が20%と記載してありました。相手側が契約の履行に着手しているか分からず、どのような手続きをすればいいかわかりません。無知な状態で大きな契約をしてしまい、どうしたらいいかわかりません。

質問:

買主都合で売買契約締結後に解約する場合は、手付金を放棄して解約することになると思います。売買契約書にある「契約の履行に着手している場合は違約金20%を支払う」とはよく使われる契約条項です。 売買契約をして契約金などを支払っている場合、あなたの住宅建築を進めていることなどが、「履行のための着手」と判断されるのかもしれません。一刻も早く契約解除の意思を伝え履行しないように計るべきです。弁護士などに相談することをお勧めします。

手付金100万円のキャンセル料はどのくらいになるでしょうか?

質問:

土地購入後にキャンセルするとどれぐらいの手数料がかかりますか?手付金は100万円です。マンションの売却資金を充てて、土地を購入して、注文住宅を建設予定です。マンションの管理費、修繕費、駐車場代を払うなら、同じローン返済額になる戸建てを購入したほうがいいだろうという話しになりました。いざ契約を目前にした今、購入に際して勉強不足なことを痛感、このまま話しが進んでいくことに不安を覚えて質問させて頂きました。

回答:

土地購入後なら手付金は返金されません。売買契約書にキャンセル料が書いてあります、今なら手付金の放棄だけで済みます。ローン返済額は変わらなくても、土地+建物はマンションより高価になるので、現在のマンションに住み続けることをお勧めします。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

マイホームのための土地探し、チェックリスト付き!

マイホームのための土地探し、チェックリスト付き!

最善の土地の探し方とは?土地探しの方法を徹底比較

最善の土地の探し方とは?土地探しの方法を徹底比較

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ