理想のマイホームに役立てたい、同じ図面で違う家づくり「VR住宅見学会」

土地探し&家づくりで理想を実現するVR住宅見学会

理想のマイホーム作りのために、ハウスメーカーや工務店のモデルハウス見学に通って、イメージを膨らませていく人は少なくないはず。ただ実際にわが家が完成してみると、「なんだかちょっとモデルハウスと違う」と感じて、モヤモヤっとしてしまう人が意外に少なくありません。こうした問題はどうやって防げばいいのでしょうか?

そこで今回は画期的な体験会をスタートし、メディアでも取り上げられたフリーダムアーキテクツのVRアーキテクツシステムを紹介したいと思います。一般的な住宅とデザイン住宅と言われる、住む人を考えた家づくりの違いがはっきりと分かります。

モデルハウスはあくまでも別の家

一般的にハウスメーカーや工務店の主催するモデルハウス見学は、未来のわが家と同じ工法で作られた、“別の”家を見に行くものです。未来のわが家と似たような家ではありますが、間取りも周辺環境も違いますし、大きな敷地に最高級のオプションを満載して、広々と建てられた別の家になります。

広い家を見てしまうので、実際に自分が建てる家が同じイメージになるわけではありません。 もちろん、モデルハウス見学が悪いという話ではありません。図面やCGパースからは伝わってこない、家の雰囲気や手触りが分かります。同じ工法で建てられた家の雰囲気を確かめるには絶好のチャンス

またプロではない我々が一度家の印象がついてしまうと、同じ間取りで違う家造りを想像することは難しいです。

同じ間取りで違う家を「比べ」て「歩ける」独自のVR住宅見学会

そのような問題を解決した画期的な住宅見学会が、設計事務所であるフリーダムアーキテクツが導入するVR住宅体験会になります。間取りの中を「歩ける」体験会として、各種マスコミにも取り上げられた見学会です。VR体験はヘッドマウントディスプレイを装着した状態で、3D設計された「わが家」の中を、限られた範囲内ではありますが実際に「歩ける」サービス。例えば12畳のリビングとは実態にどの程度の奥行なのか、吹き抜けの解放感はどの程度なのかを肌感覚で体験できるシステムになります。

この技術は注文住宅を依頼する顧客に、完成イメージを伝えるべく設計事務所のフリーダムアーキテクツが提供を開始したサービスになります。一般的な工法を使った建売住宅と、自由な設計を施した注文住宅の住み心地の違いなども体験できる優れもの。

3D見学会は、フリーダムアーキテクツの無料相談会に参加すれば体験可能です。自分の思い描く家がどういった住み心地なのか、仮想空間ですが体験できるようになっています。モデルハウス見学に周る一方で、VRアーキテクツシステムも一度体験しておきたいですね。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

選んだ土地を相談しよう

選んだ土地を相談しよう

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ