建築条件付きの土地は買っていいの?

建築条件付きの土地はどう考えるべき!?

土地探しを行っていると、建築条件付きの土地に出くわすときもあります。なかなか希望の駅周辺に土地が見つからず、出てきた土地情報は建築条件付きだったというパターン、少なくないですよね?

とはいえこの「建築条件付きの土地」とは、そもそもどういった土地なのでしょうか?希望のエリアに出ていたからと言って、購入しても大丈夫なのでしょうか?そこで今回は建築条件付きの土地について、注意点をまとめてみたいと思います。

そもそも建築条件付きの土地って何?

建築条件付きとは簡単に言えば、ハウスメーカーや工務店のひも付きの土地。購入した場合は、土地の販売先が指定する工務店やハウスメーカーで家を建てなければいけないという条件がある土地です

家屋そのものの設計や作りに、それほどこだわりはない、その土地が気に入ったという人にとっては、悪くはない選択肢だと言えそうです。

建築条件付きの家の設計の自由度はそれほど高くない

建築条件付きの場合、実際に建てる家屋の設計自由度がどうしても下がってしまうというデメリットがあります。販売図面には自由設計、フリープランなどと宣伝されているかもしれません。とはいえ基本的に、工務店やハウスメーカーは自社の得意とする既存のパターンを家づくりの基本とします。施工主の希望に沿って、完全に自由に家を設計して建ててくれるわけではないとあらかじめ覚悟しておく必要があります。

例えば、玄関を広々と感じさせたい。和室の採光をよくしたいなどの希望が合った場合に、ハウスメーカーや工務店のパターンに沿った中で最大限のモノができあがるというイメージになります。

金額を上乗せすれば建築条件が外れるものの……

「でも、他に土地がない」という悩みもあるかもしれません。ただ、本当に他に土地はないのでしょうか?「エリアずらし」を利用して、駅名などにこだわるのではなく、理想の住環境をから土地を探していく方法ですね。土地探しの方法をしっかり学んでいないのに建築条件付きの土地に飛びついてしまっているのなら、再考をした方がいいかもしれません。

まずは土地探しのセミナーなどに出かけて、土地探しを学び、その学びを生かした上で自分なりに探してみてください。それでも今ある建築条件付きの土地を超えるような情報が出てこなかったというのであれば、話を先に進めてみてもいいかもしれませんね。

フリーダムアーキテクツデザインでは同じ間取りで違う家を体験できるVR体験会を実施しています。

デザイン住宅の窓口」を運営している、フリーダムアーキテクツデザインでは、同じ間取りでも設計方針に寄って全く違った家ができるVR体験会を行っています。まずはそういった体験会に参加してマイホームのための知識を深めて行くことも必要かもしれませんね。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

理想の家を建てるには(ケーススタディ)

理想の家を建てるには(ケーススタディ)

ライフスタイルから理想のマイホームを建てる土地探し

ライフスタイルから理想のマイホームを建てる土地探し

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ