土地探しはなぜ難しい?土地探しの仕組みに迫る!

土地探しにおいて理想の土地を見つけるのはなぜ難しい?

相続した土地や親の所有地に家を建てるなど、土地が既にある場合を除き、新築計画を立てるときにはまず土地を探すことから始まります。そして、家を建てる際には、この「土地探し」が最も苦労する作業と言っても過言ではありません。「土地はご縁」とも言われるとおり、土地の条件や地域の環境など、予算に合った理想の土地と巡り合えず、何年も探し続ける例もあります。土地探しの難しさの理由と、賢い土地の探し方について見ていきましょう。

土地探しが難しい理由

不動産会社が先に購入してしまう

不動産会社のなかには、仲介業だけではなく建売住宅を取り扱っているところも少なくありません。建売住宅を建てるための土地は、中古住宅を解体して更地にする場合と、工場跡地や森林などを宅地開発する場合があります。個人で家を建てるための土地を購入するためには前者のような更地を探すことになりますが、実はこうした土地は不動産会社が先に取得してしまうことがほとんど。建売住宅としての利益を見越しているため、多少高値であっても仕入れる傾向にあるのです。

割高な物件が多い

条件の良い土地は耳の早い不動産会社によって先に買われてしまうため、一般の個人ユーザーに情報が出回ることは少ないです。手軽に手に入る土地情報は、割高なものが多くなると言えるでしょう。個人で理想の土地探しをするにはやはり限界があります。

しかし、土地の状態が建売住宅として適さず、不動産会社が敬遠する物件が市場に出回るケースもあります。具体的には、2棟建てるには狭いが1棟では広すぎるような土地、土地の形状が特殊で建売住宅のプランに合わせにくい場合などです。予算に合えば、そうした土地は狙い目かもしれません。

建築条件付き土地の分譲が多い

市場に出回っている売地は、「建築条件付き」の土地が多くあります。建築条件付きとは、家を建てるときに売り主から建築会社の指定がある土地のこと。売主自身がその建築会社であったり、関連会社を指定したりすることで利益を上げているのです。指定業者のプラン制約のなかで家を建てることになるため、理想としている家づくりが難しくなってしまうこともあるでしょう。交渉により条件を外してもらえる場合もありますが、その分、土地価格が高くなることは覚悟しておかなければなりません。

購入者側のノウハウが少ない

土地探しが難しいといわれる最大の理由は、購入する側にノウハウや経験が少ないことということが考えられます。普段、私たちが買い慣れている洋服や食材は、ある程度の経験や知識はもとより、実際に気軽に触れてみることが可能なので商品の良し悪しはある程度分かります。しかし土地においては、仲間うちで気軽に相談ができる相手も多くはなく、購買意欲が高くなければ不動産業者への訪問も行動に移す方は少ないのではないでしょうか。また、実際にインターネットや広告を見ていても、一切の知識も持たないままではその良し悪しは判断つかないことでしょう。

困難な土地探しを楽に進めさせる鉄板の方法

土地探しのコツを知る

土地探しには実は「コツ」が存在します。それはズバリ「学ぶ→探す→相談する」という3ステップで土地探しを行うこと。この順番は前後しても、どれかが欠けたとしても、土地探しを一気に非効率にさせてしまうものです。学びがなければ時間が無駄になり、相談がなければ全ての努力が無駄になる可能性があります。専門家をうまく活用すことで、難しいといわれる土地探しが確実に効率的かつスムーズになるのです。

続きを読む⇒『土地探しのコツを大紹介!マイホームを建てるためのチェックポイントとその極意とは?』

業者に頼む

土地探しの基本はやはり業者に依頼することです。特に購入したい地域をメインエリアにしている仲介業者に探してもらいましょう。これは、その土地の地主とのつながりや、他には出回っていない物件を持っている可能性が高いため。また、家を建てる建築会社が決まっていて、その会社が土地探しまでを行ってくれるのであれば、一環して探してもらうことがおすすめ。不動産部門を持つハウスメーカーや、土地から探してくれる建築会社も多くあります。

自分で探す

不動産ポータルサイトやチラシなどを見て自分で探すという方法もあります。売主が不動産会社で、自社販売のみを行っている物件の場合は、仲介業者では取り扱いがありません。仲介業者は自社の利益になる物件だけを紹介するので、無関係の不動産会社が自社販売している物件に関して紹介することはないのです。不動産会社のサイトやチラシには多くの物件が載っているので、まめにチェックしていると良い土地が見つかるかもしれません。

不動産業者と自力を併用する

変にどちらか一方に固執するのではなく、業者への依頼と自分での検索を並行して行うことは、あらゆる可能性を広げるためにも、有効な土地探しの方法だといえます。「せっかく業者に頼んでいるのだから、自分で探してきたものを相談するのは気がひける」といった状況は、意外と多くの方が陥りがち。希望の土地に巡り合うためには不動産業者からの連絡を待っているだけではなく、あらゆる方法で積極的に探すことも検討しましょう。

業者に相談するのであれば「理想」を相談できる会社へ

仲介業者に相談を行うのであれば、どういった家に住みたいのか、自身の理想とするライフスタイルを叶えられる土地はどこなのか、これらを一緒に考えてくれる会社を選ぶべきです。また、土地探しから設計までをワンストップで行ってくれるため、「良い土地は見つかったけど、理想の家が建てられない」「理想の家のために土地を諦めた…」といったこと後悔が起こりづらい、妥協のない土地探しと家づくりが可能になります。

中でも「デザマド」では、不動産仲介と設計のプロが対応する新しいカタチの不動産仲介を提案。あなたの理想に叶う土地探しと家づくりの相談が無料で行えます。

【まとめ】業者に「頼る」のではなく「使うこと」で難しい土地探しを乗り越える!

希望にぴったりの土地を見つけるのは難しいものです。不動産会社やポータルサイト、チラシなどを上手に利用しましょう。また、仲介業者や建築会社、工務店などでは、土地探しの無料セミナーを開催していることがあります。特に不動産コンサルタントやファイナンシャルプランナーなどの有資格者によるセミナーは、土地探しのノウハウや住宅会社の選び方など、これから家づくりをするために必要な知識を提供してくれる場です。知識を得ることで受け身にならずに土地探しを進められるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

土地探しのコツと極意を徹底的に解説

土地探しのコツと極意を徹底的に解説

ライフスタイルから理想のマイホームを建てる土地探し

ライフスタイルから理想のマイホームを建てる土地探し

マイホームのための土地探し、チェックリスト付き!

マイホームのための土地探し、チェックリスト付き!

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…