設計しだいでお得な旗竿敷地

旗竿敷地が見つかったらチャンス!?

お気に入りのエリアで土地を探していると、まれに住宅に囲まれた旗竿敷地の情報が提示されるかと思います。四方を住宅に囲まれており、日当たりやプライバシーの点ネガティブな印象を抱くかもしれません。

道路に面した南向きの角地などと比較すると、値段がかなり安いという特徴がありますが、土地の特徴上、候補に入れずに土地探しをしている方が多いです。しかし、この旗竿敷地、かなり狙い目の土地なのです。今回は誰もが敬遠して、見捨ててしまいがちな旗竿敷地の活用術について紹介したいと思います。

旗竿敷地こそじっくりと検討をしてみるべき

冒頭で述べたように、旗竿敷地は人気がありません。旗竿敷地とは「はたざおしきち」と読みます。上から見ると旗のような形をしている土地のことを指します。四面を住宅に囲まれて、家と道路をつなぐ細い道が旗の竿部分ですね。昔の長屋だったり、長細い駐車場の奥で周辺の住宅に埋もれた土地だったりを一般的に旗竿敷地と呼びますが、実はこの旗竿敷地こそ狙い目だとご存じでしたでしょうか?

例えば公道に面して、A号地とB号地があったとします。A号地は道路に面している部分が大きい、真四角に近い土地で4000万円。B号地は道路に面している部分は2mちょっと。その狭い間口が長細く奥まで続いていて、その奥に土地が広がっています。典型的な旗竿敷地ですね。値段は3500万円でした。

さて、皆さんならどちらを買うでしょうか?おそらく道路に広く面した日当たりも良さそうなA号地を選ぶかと思いますが、実はB号地を選んだ方がお得な場合があります。その理由は第一に、値段が500万円も安いという点。家を買うときにはちょっと感覚がマヒしてしまいがちですが、500万円とは信じがたいほどの大金ですよね。その差額を考えずに、ポンと4000万円の方を選んでしまうと、全額住宅ローンで払うとすれば、生涯の支払額は金利にもよりますが、大きくふくらんでしまいます。

日当たり確保は当たり前、さらに旗竿敷地ならではの建て方がある

家を建てる方なら多くが気になる、日当たり問題ですが、他のページで紹介しているように設計次第で家の中に光を取り入れることができます。これだけでも「日当たりも確保できる格安の土地」になりとても魅力的ですが、旗竿敷地の魅力はそれだけではありません。四方を住宅に囲まれていれば、外観は誰にも見られません。つまり、外観にはあまりこだわらなくてもいいのです。そのかわり、外観で節約した分を内装の設計や、質向上に力を入れることができるのです。もし、外観にはあまり興味がなく、内観の住みやすさを重視したい方ならば、旗竿敷地、かなりおすすめの土地といえるでしょう。皆さんもぜひ、この機会に旗竿敷地も候補に入れて土地探ししてみてください。

相談をしてみる

今までに書いたように設計の力で光を取り込んだり、自分の好みの間取りにするためには設計士に依頼しなくてはなりません。ただ、ハウスメーカーや工務店の設計士だと思い通りにならない可能性があります。ハウスメーカーや工務店では基本的に自社の得意とする既存の工法を採用します。完全に自由な設計で家を作ってくれるとは限りません。自由を聞かせようとすると、オプションで高額になってしまうこともあります。その意味で建築条件付き(土地を買ったら、その地主が定める工務店やハウスメーカーで家を建てなければいけない)の旗竿地はちょっと要注意とも言えるかもしれませんね。

設計事務所の主催するセミナーに出かけてみる

上述の点を踏まえると、旗竿敷地を見つけたら、その土地情報を持って設計事務所に足を運び、間取り相談などを持ち掛けてみるといった方法を検討してみてください。土地を安く手に入れられる上に、光を取り込んだユニークな家に住める可能性が広がります。いきなり設計事務所に足を運ぶ勇気がないという場合は、設計事務所や、設計部門を抱える不動産仲介などが無料でセミナーを行っています。その手のセミナーに参加して、自分が見つけてみた旗竿敷地の販売図面を見てもらい、どのような設計上の可能性があるのか、一度アドバイスをもらうといいかもしれませんね。

以上、旗竿敷地の活用法をまとめましたが、いかがでしたか?旗竿敷地は安く手に入る可能性が高い上に、設計上の工夫をすれば日当たりを十分に取り込める、ユニークな家に住める可能性まで高まります。実はいいことだらけの旗竿敷地。希望のエリアに見つけた場合は、頭から「候補外」と捨てずに、設計士に相談を持ち掛けたいですね。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

選んだ土地を相談しよう

選んだ土地を相談しよう

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ