土地購入に踏み出す前に国土交通省のサイトをチェック

土地購入前に国土交通省のサイトを確認してみよう

土地の購入を検討する際、不動産会社のサイトを利用して条件の良い場所を探す方も多いのではないでしょうか。土地探しにおいて立地条件も大切ですが、合わせて土地の相場を確認することも重要です。

ここでは、全国の地価を調べられる国土交通省のサイトについてご紹介。使用方法や今年の不動産の動向などをまとめています。

購入前に国土交通省のサイトをチェック

地価は土地の資産価値の目安になるもの。土地の購入を検討する際は、将来的に売却する可能性も考慮したうえで、気になる地価も確認しておきましょう。国土交通省が運営している「土地総合情報システム」というサイトでは、最新の地価公示価格を過去の地価も含めて調べられます。

サイトの使用方法とは?

全国の地価公示価格を調べることが可能な国土交通省の「土地総合情報システム」。ネットですぐに検索できます。

調べる手順としては、ホームページにアクセスして「地価公示・都道府県地価調査」と書かれた項目をクリック。そこから都道府県、市町村名を選択して、検索条件を指定するだけです。検索結果画面から、地価公示(標準値の価格)と都道府県地価調査(基準値の価格)が確認できます。

そもそも地価公示価格とは?

地価公示価格とは、地価公示法に基づいて国土交通省が公表する土地評価額の目安のこと。国土交通省では、毎年3月になるとその年の1月1日時点での標準値の地価を調べて発表します。

地価公示価格は、可視化されにくい不動産の土地価格の指標として役立ちますので、土地を購入する前に確認しておくと良いでしょう。

不動産取引価格も検索できる

また、ホームページの「不動産取引価格情報検索」の項目で検索をかけると、そのエリアで実際に行なわれた不動産取引価格を調べることができます。

都道府県や市町村、調べたい地区を選択するとエリア周辺の地図が出てくるので、相場を知りたい場所の青いボタンをクリック。すると、その場所で取引した不動産価格の情報データが何件あるのか表示されます。そこから詳細指示をクリックすると、土地の取引総額や坪単価、建ぺい率、容積率、取引時期など、より詳しい情報をチェックできますよ。

「不動産取引価格情報検索」の情報は、実際に不動産を購入した方のアンケートに基づいた取引データのため、リアルな情報を確認することが可能です。

周辺地域の相場も把握しておくのがポイント

相場を知りたいと思っているエリアだけでなく、周辺地域の価格も合わせて把握しておくのも大切です。一緒にチェックしておくことで、検討しているエリアの地価が安定しているか、その土地が景気で左右されやすいかなどが分かります。

地価公示価格を把握しておくと、購入を検討しているその土地の実売価格により近い数字を知ることができます。ただし、土地の形や条件によって坪単価が大きく変動する可能性があることも覚えておきましょう。

全国的に公示地価は上昇傾向にある

国土交通省が2018年3月に発表した公示地価では、全国平均で住宅地の地価が10年ぶりに上昇。商業地や全用途の平均においても、地価の変動率が3年連続で上昇しました。

東京圏だけでみてみると、住宅地が前年度より0.3%の上昇。東京・大阪・名古屋の三大都市圏では、住宅地が前年度に比べて0.2%プラスとなっています。また、地方四市(札幌・仙台・広島・福岡)でも、住宅地が前年度2.8%だったのに対して2018年では3.3%と、0.5%のプラスになっており、全国的に地価が緩やかに上昇傾向にあるのです。

2020年には東京オリンピックが控えていることもあり、しばらくは地価が上昇するとみられています。地価が上がるということは、不動産を購入するのに多くの資金が必要になること。ただ、将来的に家の売却も検討するのなら、上昇傾向であるうちに購入するのも手だと言えるでしょう。

活用できるものを利用して相場と傾向を把握しよう

希望するエリアや周辺環境をもとに土地探しをするのも良いですが、気になるエリアの地価公示価格を把握しておくことが失敗しない土地探しのポイントです。

ネットがつながる環境であれば、いつでも国土交通省のサイトにアクセスして、地価公示価格を確認することが可能。気になるエリアだけでなく、その周辺の地価公示価格も把握しておくことで、検討しているエリアの地価の安定度を知ることができます。

2020年の東京オリンピック後に地価の変動が起きるとも予想されていますが、すべての地価が下がるとも限りません。反対にエリアの地価が上昇する可能性もあります。国土交通省のサイトなど、活用できるものは積極的に利用して土地の相場と傾向を把握し、納得のいく土地選びをしましょう。

最新の土地購入に関するトレンド

2018年の地価はどうなっているの?

国土交通省が発表した2018年の全国地価ランキングでは、3位が神奈川県、2位が大阪府、そして1位が東京都という結果に。東京都の中でも、港区や千代田区が住宅地の上位を占めています。港区は赤坂、千代田区は番町や白金台、南麻布など、高級住宅地が並ぶエリアの地価が上昇しているようです。

ほかにも、商業地の場合は銀座がTOP10の半数を占めるほか、丸の内や新宿がランクイン。工業地では、大田区や江東区などが上位に入りました。

平成30年の地価公示で大きな変動があったエリアは?

  • 港区赤坂(住宅地)

住宅地の地価公示で特徴的な変動があったのが港区の赤坂。アメリカ大使館やスペイン大使館付近のエリアで、平成30年の地価公示で初めて住宅地の最高価格地点となりました。

赤坂地区の周辺は再開発事業が進められているほか、富裕層によるマンション需要が高まっていることもあり、地価が上昇したと考えられています。

  • 大阪市中央区(商業地)

商業地の地価公示で特徴的な変動があったのは大阪市中央区。観光客でにぎわう心斎橋筋や、スポーツ観戦時にサポーターが集うことで有名な戎橋(えびすばし)などの近くに置かれている地点です。大阪圏における商業地の最高価格地点となったことが発表されました。

心斎橋地区の場合、年々の外国人観光客増加や盛んな消費動向などを受けてお店の出店需要が高いのが特徴。そのため地価が上昇し続けており、前年度まで大阪圏の最高価格地点だった梅田を逆転したと考えられています。

どのようなエリアが人気なの?

首都圏エリア

東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏エリアでは、2013年以降は東京以外の県で変動率はほぼ横ばいの状態。その一方、東京が上昇傾向にあり、東京都心部の人気と資産性の高さが首都圏エリアを引っ張っている状態だと言えます。

そんな東京都内で地価が上昇傾向にあるのが城北・城東エリアです。

城北エリア…文京区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・足立区の6区域

城東エリア…中央区・台東区・墨田区・江東区・葛飾区・江戸川区の6区域

その中でも荒川区の2017年と2018年の対前年変動率を比較すると、プラス3.9%からプラス6.1%と大きく変動しています。また、北区もプラス3.5%からプラス5.6%の変動がみられます。

上昇傾向には、人気の高い都心部や城南・城西エリアからねらい目を変えて城北・城東エリアに注目している方が増えてきているためだという声も。数年後に地価の上昇が落ち着くとも言われていますが、今後しばらくは上昇傾向が続くとみられています。

名古屋圏エリア

地域経済の中核を担っているトヨタ自動車の本社がある愛知県。2013年以降は、住宅地の公示地価の対前値変動率がプラス続きです。

愛知県では流出人口に比べて流入人口が上回っていることから、住宅の購買ニーズが伸びている傾向にあります。特に名古屋市中区では2018年の対前年変動率がプラス4.3%とかなり大きく上昇。再開発によって注目度が上がっていることが要因だと考えられます。

また、豊田市はプラス3.1%、人口の増加率が著しい長久手市もプラス4.3%と公示地価が上昇傾向に。一戸建ての需要の伸びが影響しているようです。愛知県は自動車産業が好調なこともあり、しばらく上昇傾向が続くと考えられています。

関西圏エリア

関西圏エリアでは、住宅地の対前年変動率が大阪府でプラス0.1%、京都府でプラス0.3%とわずかに増える結果に。それとは反対に、商業地の対前年変動率は、大阪府がプラス4.9%、京都府がプラス6.5%と、住宅地よりも商業地の地価が上昇傾向にあります。

地方四市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)

地方四市においても4年連続で地価が上昇しており、住宅地や商業地、工業地のいずれにおいても三大都市圏(東京・大阪・名古屋)を上回っています。

特に仙台市では地方四市の中でも上昇が著しく、住宅地・商業地が大きく上昇傾向に。地下鉄東西線が2015年に開業されて利便性が向上、さらに2016年に仙台駅ビルの新館が開業したことが要因だとされています。

不動産価値が落ちにくいエリアってあるの?

全国的に地価が上昇傾向にありますが、2020年の東京オリンピック開催後に不動産価値が変動するおそれがあると示唆されています。

ここでは、オリンピック開催後でも不動産価格が落ちにくいと考えられているエリアのポイントをご紹介します。

  • 山手線、地下鉄などの主要駅から徒歩10分圏内のエリア
  • 高級エリアや住宅地として人気のあるエリア

交通アクセスの利便性が高い場所にある、または人気の高いエリアにある不動産の価値は落ちにくいと考えられているようです。

ほかにも、商業施設や病院、学校など、生活に必要な施設が近く生活しやすい立地や、安全性の高い場所にあるのも、不動産価値が下がりにくい条件として挙げられます。そのため、土地の購入を検討する際に周辺環境や状況などもチェックしておくと、地価の予想が立てやすくなりますよ。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

選んだ土地と自分のイメージがマッチしてるか確認してもらおう

選んだ土地と自分のイメージがマッチしてるか確認してもらおう

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ