土地探しがうまくいかない、その理由と対策

土地探しがうまくいかない!理由と対策

見落としがちな周辺事例

土地探しで後悔した方の声を見ていくと、失敗の原因として圧倒的に多いのが周辺環境のこと。とある不動産購入者向けのアンケートを見ても、やはり見落として後悔したポイントの第1位は周辺環境や立地のこと。

しっかりチェックしたはずでも、見落としてしまったり、予算との相談で、妥協してしまったりして結果的に後悔している方が多いです。

周辺環境は、日常生活に大きく影響するポイント。予算重視であったり、漠然と探してしまうと、不動産仲介業者もその人にとって良いと思われる土地をなかなか紹介できません。土地探しでチェックしておくべきポイントを勉強しておけば避けられたことなので、土地を買う前に是非学びましょう。

土地探しの近道は結局「学ぶ」ところから

土地探しで失敗して後悔するのは、土地探しのことをしっかりと学んでおかなかったことに原因があります。チェックしておきたいポイント、見落としがちなので注意しておきたいポイントなどを知っていれば、上で紹介したような失敗もなかったことでしょう。

静かな街に住みたい場合であっても、学校の近くは日中は騒がしいもの。小さいエリアの中でもこういった盲点があるので、土地探しセミナーで土地の探し方を学ぶと同時に、選び方についても質問、相談することをオススメします。

また、広域の知識のない不動産仲介などでは、隣町の土地情報を紹介したときに、質問に答えられない場合があります。これは担当の営業マンの質の問題ではなく、不動産業界のビジネスモデルの問題ですので、仕方がありません。不動産仲介の場合、土地を売るよりも分譲地を売るほうが利益が高いので、どうしても分譲地の情報や周辺環境については詳しいですが、どうしても土地だけの情報にうとくなってしまうのです。

出来ることなら、広域の知識と設計士のいる不動産仲介業者を選んで、土地を探すのが良いですが、その前に土地の探し方を自らが学ぶことが先決。
知識もなく土地探しを始めても、結局自分が損します。あとで後悔しないためには、まず土地探しのコツを学ぶことが必要です。

土地探しはやっぱり「学ぶ」→「探す」→「相談する」

基本的には、土地探しは不動産仲介会社で相談することになります。しかし、いきなり相談をしても、希望条件を考慮されない営業をかけられて面倒な思いをするだけです。

まずは最初の一歩として、土地探しセミナーに参加し、物件選びの注意点や基礎知識を学んでおくといいでしょう。それを踏まえて実際に土地を探し、いい物件が見つかったら頼れる不動産仲介会社に相談をしてみる。この3つのステップで土地探しを進めれば、失敗は防げるはずです。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

マイホームのための土地探しのセミナーなら「デザイン住宅の窓口」のセミナーがオススメ

マイホームのための土地探しのセミナーなら「デザイン住宅の窓口」のセミナーがオススメ

住宅ローン土地探しマネーのお話

住宅ローン土地探しマネーのお話

業界別土地探し方法徹底分析

業界別土地探し方法徹底分析オススメ