建売住宅とは?一から土地探しする場合との違いを検証

建売住宅とは?一から土地探しをした場合との違いは?

そもそも建売住宅とは何か。どのような住宅のことを指し、いちから土地を探した場合と何が異なってくるのか。それぞれで考えうるメリット・デメリットにも触れ、両者を徹底的に比較検証します。

建売住宅とは?

建売住宅とは、もともと土地と住居がセットで用意されている住宅のことです。売り出す時点では更地、もしくは基礎部分のみが組み立てている状態の建売住宅もありますが、その場合であっても契約を終えてからは、あらかじめ決めていた設計で建設を始めます。

建売住宅を扱っている企業は独自のネットワークを持っていることが多く、不動産屋が持っていない土地や住居が販売されているのが特徴です。

建売住宅と土地を一から探す場合ではどう違うのか

■建売住宅

既に土地や住居が用意されている。

注文住宅との違いの一つとして、土地や住居がセットで用意されていることです。そのため土地探しや設計といった複数の打ち合せをする必要がなく、その分の時間を短縮することができます。

完成している住居を見学できる

住居が既に完成している建売住宅の場合であれば、家を内見して購入するかしないかの判断が可能です。実際の間取りを把握することは注文住宅においては困難であるため、所有する家具の配置や入居後のライフスタイルも予め決めておけるメリットがあります。キッチンや洗濯機の位置といった、家事動線も把握しておくことができます。

■一から土地を探す 場合

自分の希望を反映できる

一から土地を探す場合は、設計や間取りに関しても業者と話し合いを行いながら家づくりを進めていきます。間取りや外観はもちろん、使用する材料に関しても細かな要望を伝えることが可能であるため、妥協することなく理想とする家を手に入れることができます。自分のこだわりを取り入れてもらうことで、満足度の高い住居を建てることが可能です。

住宅の品質を保証できる

土地を購入し住宅を建てる際には、建設途中の住居や現場見学を行うことができます。気になったことがあれば都度相談することもできますし、施工管理まで行う業者であれば必ず点検が行われるため、手抜き工事の心配がありません。

建売住宅と土地探しからの場合で生じるメリット・デメリット

■建売住宅のメリット

すぐに購入、入居が可能

住居が完成しているため、すぐに入居可能というところが建売住宅のメリットです。住居と土地を合わせて購入するので、契約時に手付金を払って残りの金額はローンで借りるといったように、手続きも比較的簡単といえます。すぐに住める住居が欲しい方や、家族の就職や進学に合わせて引越ししたいという方におすすめです。

価格が安い

建売住宅は注文住宅よりも安いケースが多く、少ない予算で家を手に入れる事ができます。間取りや仕様に関する打ち合せを必要としないのでその分人件費がかからず、業者側がプランを立てることで設計費用を少ない金額に収められるため、価格が抑えられるのです。

開発に伴う建売住宅だと立地が良い

小規模開発では数棟、大規模な開発であれば何十棟分といった建売住宅が一斉に建てられます。 住宅用に販売する目的で土地が分割されている場合、立地に恵まれていたり職場や学校に近かったりするため、生活の利便性が高まるのがメリットです。

建売住宅のデメリット

間取りや設備を変えられない

住居がすでに完成しているため、間取りや設備を自分の要望通りにできないといったデメリットがあります。設備を追加できるところもあるようですが、その場合追加費用を払わなければいけません。広報や材料に関してもあらかじめ決められているため、こだわりがある方には建売住宅はでしょう。

品質に不安が残る

建設後に購入するので建設の過程を見ることができず、使用された材料や工事の品質に不安が生じます。建築基準法に沿った設計で許可を得ている筈ですが、途中で行うチェックがちゃんと行われていないという可能性もないとは言い切れません。実際、購入後に雨漏りやひび割れが現れて、欠陥住宅だと気づくケースがあるそうです。

一から土地探した場合のメリット

・建築会社を選ぶことができる

土地探しから始めることで、会社の保有する土地の数やエリアにとらわれず自分の好きなメーカーで設計・建設することができます。ハウスメーカーや工務店など、数ある中から評判の良い会社を選べることがメリットの一つ。要望に合ったプランで建設できるかどうかは依頼する企業によって変わるので、担当者と話し合って見極めることが大切です。

予算の調整が可能

建築に使う資材まで決めることができるので、部分ごとに予算の調整を行えます。そのためこだわりのない部分の費用を抑えたり、逆に力を入れたいところに多く予算をかけることも。上手く費用を調節することで、予算内でも納得できる家づくりができます。

自由度が高い

「キッチンはどの部屋からも行きやすいところに設置したい」「資材は体に害のないものがいい」といった細かい要望を建設に反映させられます。そのおかげで細部までのこだわりを実現させた住居を建設することが可能。質の高い材料を選ぶことで、建売住宅より資産価値も高まる傾向にあります。

一から土地探した場合のデメリット

入居までに時間がかかる

長ければ半年かかるケースもある土地探し。土地が見つかった後も設計や契約といった手続きがあるため、引き渡しまでに一年以上かかることもあります。入居する時期をあらかじめ考えている場合、それまでの期間を逆算して細かなスケジュールの調整を行う必要があるでしょう。

計画の段階で予算を超えてしまう

自由に決められることがメリットではありますが、計画を立てるのは難しいものです。要望が多すぎて予算を超えてしまうという事態も多くみられます。予算をかける部分とかけない部分をしっかり分けつつ、どうしてもオーバーしてしまう場合は、専門の方に相談することが大切です。プロのアドバイスを活かせば予算内で納得のいく住居を建設することができます。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

土地探しのコツを一挙公開!

土地探しのコツを一挙公開!

選んだ土地を相談しよう

選んだ土地を相談しよう

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ