土地探しにおけるサイト活用法

土地探しには欠かせない、不動産情報のポータルサイトの活用法

不動産情報のポータルサイトは住みたいエリアの土地の価格帯や空き土地情報を調べるのにオススメ

土地探しのための不動産情報サイトの活用法とは

おそらく、土地探しを始めたときにいきなり不動産仲介のドアをたたく人は、最近は少ないはず。まず、自分の住みたいエリアの不動産情報を何となく調べるところから始めると思います。

通常は不動産売買情報のポータルサイトで検索する方が多いのではないでしょうか。具体的には、SUUMOやホームズ、オウチーノ、gooなどが挙げられます。

これらのサイトは基本的に毎日更新されるので、日々チェックしたいはず。しかも条件のいい土地は他の人も狙っているので、良い物件が見つかったら早めに不動産仲介に問い合わせるしようと考え、エリア情報から土地の情報を調べているでしょう。

不動産仲介業者も魅力的な土地だけを掲載しているわけではありません。そこで「う~ん」と悩んでしまうと、土地探しが難航してしまうきっかけになってしまいます。

不動産情報をしっかりと理解してからポータルサイトを見ると便利

不動産ポータルサイトを利用するなら、不動産情報をしっかりと把握することが大切。そこに書かれている情報を理解しないと、土地の良し悪しの判断がつきませんよね。まずは、情報をしっかりと読み解くことが、条件に合う土地を見つけるための最初のステップです。

当サイトの図面の見方を確認していただければ、販売図面の見方がある程度わかります。参考にしてください

ココだけ抑える!土地情報、販売図面のチェックポイント

ココだけ抑える!土地情報、販売図面のチェックポイント

まずは、販売図面の見方から

上記をページの説明を見ても、ピンとこないかもしれません。

まずは無料土地探しセミナーに参加して、土地の探し方、販売図面(不動産情報)の見方を学ぶことで自分が思い描く家が建てられるか?を把握することが大切です。

もしも良い土地があり、セミナーが近くにあるようでしたら、販売図面をもちこんで個別相談をするのも良いでしょう。

代表的な不動産ポータルサイトの特徴

不動産の情報ポータルサイトは不動産仲介業者が閲覧するレインズにのっている情報を掲載し、なおかつ不動産仲介会社が広告費を支払って、物件情報を掲載しているものがひとつ。これは掲載費用がかかるので、個人経営の不動産仲介会社などは物件を掲載していないことが多かったり、費用分が土地購入者の代金に含まれている場合があります

もうひとつは、これらの上記ポータルサイトに掲載されている二次情報を掲載しているサイト。複数のポータルの情報をまとめて見ることができるので、情報量が多いのが特徴です。

代表的なポータルサイト4サイトの特徴

SUUMO

テレビCMで名前をご存知の方も多いと思います。リクルート社が運営するサイトで、情報掲載量が多く、スマホでも見やすくできています。

書籍も発行しているので、おそらく土地探しの基準にされている方も多いのでは?

LIFULL HOME'S

日本最大級の情報量をほこる、LIFULL HOME'S。スーモと肩を並べる有名サイト。やはりCMで見たことのある方も多いでしょう。こちらも情報量が豊富で、アプリで便利に利用できるのがポイントです

Yahoo!不動産

二次情報を掲載しているポータルサイト。住まいのためのお役立ちコンテンツが充実しています。

goo不動産

二次情報サイト。シンプルですが、その分使いやすく、物件情報(販売図面)を見比べるのに便利なサイトです。

不動産情報サイトを見るポイント「相場や条件を知ること」

まずは標準的な情報を知ろう

不動産ポータルサイトには、たくさんの物件情報が掲載されています。すぐに理想通りの物件情報が見つかることはほぼあり得ません。そもそも、見ている土地が価格に対していいのか悪いのかを判断する基準がなくては、購入する土地を決めることもできません。

そこで、まずは住みたいエリアで売りに出ている土地が、どれくらいの価格なのか、広さはどれくらいのものが多いのか、用途地域はどうなっているかなど、大まかな相場感を養うことが必要です。

自分の希望の家の予算と土地の値段。両方の金額を知ろう

新築の土地探しの場合でも、家と土地で大体○○○○万円とぼんやりとした金額しか無いことが多いです。そこで大事なのが設計士のいる不動産仲介。

家の大きさに必要な土地の広さやその価格帯が大体いくらくらいか?を把握していると、自分が住みたい家のための土地探しにグッと近づきます。

絶対にこのエリアに住む。と決まっている方は、地元の工務店などは不動産仲介も行っているので、確認してもらうのも良いでしょう。

とくに住みたい土地が決まっているわけではない、決まっているが特別な事情があるわけではないのであれば、設計士のいる不動産仲介に相談することをすすめます。

そのための最初の一歩!土地探しセミナーで土地探しを学びましょう

くりかえしになりますが、その土地情報が良いか、悪いかの判断基準はは、土地探しセミナーで学ぶことをオススメします。

自力でポータルサイトを読んで、これかな?と選んだけど、結果的に希望の家が建たない、家の予算まで考えると予算が足りなかった。

そしてまた土地探しのやり直し…となってしまうよりも、あらかじめ知識や基準を身につけて土地探しをして、選んだ土地情報を相談しに行くことが、失敗しない土地探しにつながります。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

マイホームのための土地探しのセミナーなら「デザイン住宅の窓口」のセミナーがオススメ

マイホームのための土地探しのセミナーなら「デザイン住宅の窓口」のセミナーがオススメ

土地探しで理想の土地を見つけるのはなぜ難しい?

土地探しで理想の土地を見つけるのはなぜ難しい?

不動産仲介で土地探し、メリット・デメリットを紹介

不動産仲介で土地探し、メリット・デメリットを紹介