再建築不可の中古住宅にご用心!

中古住宅は再建築不可に注意!

一旦、中古住宅を買い、建て替えようと考えている人も多くいらっしゃると思います。もちろん中古住宅は中古住宅のメリットがたくさんありますが、一方で注意点も少なくありません。特に気をつけたい問題は、再建築不可の物件。再建築不可の中古住宅に手を出す際の注意点を紹介します。

再建築不可の中古物件は安いけれども……

土地を探していると、ときおり再建築不可の中古物件情報に出会うと思います。価格が驚くほど安い場合が多く、初期投資を抑えたい人にとって、極めて魅力的な物件に写ります。再建築不可とは文字通り、再建築(建て替え)ができないという制限があります。 どうしてそのような条件が付いてしまうのでしょうか?

  • ・路地の奥で住宅に囲まれた土地に家が建っている
  • ・公道に面している土地の広さが2mに満たない

などの不動産に再建築不可の条件が付いています。こうした再建築不可の家は、現在の建築基準法が適用される前に建てられた家。現在の法律下では、もはやその土地に新しく家を建てることができない状態になってしまっているのですね。

売却もできないケースも……

その土地を手放したいと思ったとき、買い手が付きにくいというデメリットもあります。京都や金沢、都内の下町の路地裏にある町家に住む、ちょっと粋で素敵な風情があります。ただ家主にとっては価値がはあっても、世間から見た資産的な価値は高くないと考えておきたいです。

専門家に必ず相談をする

建築不可の中古物件のメリットは、購入費用が安くすむこと。リフォームであれば可能ですので、基礎がしっかりとして、建物そのもののつくりもきちんとしている建物であれば、リフォームをしながら暮らし続けられます。

しかし、繰り返しになりますが、再建築ができない不動産になります。リフォームをしながら本当に長く暮らしていけるのか、土台となる物件そのものの評価は不可欠です。その意味では設計士の土地診断、家屋診断は購入前に、絶対にしてもらいたいところです。

セミナーに参加して設計士に聞いてみるのもヒトツの手段

再建築不可ってどんなもの?ということを知りたい方は設計事務所が行っているセミナーや、設計士のいる不動産仲介が行っているセミナーに参加して、質問してみると良いです。具体的な回答を出してくれるセミナーであれば、再建築不可の物件も視野に入れて土地探しを行うことが出来ますし、ここで説明できていない盲点についても説明してくれるはずです。セミナーによっては再建築不可をオススメしないセミナーがあると思います。それは、お客様の理想の家をゼロから作るほうが絶対に良い家がたてられるという考えからオススメしていない場合が考えられますので、一般論として再建築不可の家を建て替える場合の手法などをお伺いしたいと聞き方を変えることで、説明してくれると思います。

デザイン住宅の窓口のセミナー

再建築不可の土地が候補になったら、設計士のいる不動産仲介へ個別相談がベスト

他のページでご説明しているエリアずらしなどを駆使し、理想の住環境に見つけた土地が再建築不可だった場合。不動産としての知識と設計士としての知識が必要となります。 その土地の価値ははたして、金額通りなのか?土地に敷設されているガスや水道は大丈夫なのか?などの土地の話と、自分が思っている内容で家が建てられるか?またそれに近づけるためにはどうしたら良いか?ということを連続して相談することで、候補地が本当に魅力的な土地なのか?自分が思った理想の場所なのか?を判断することが出来ると思います。再建築不可の土地は失敗しない土地探し、理想のマイホームづくりにとって設計士のいる不動産仲介は特に優秀なパートナーになってくれるはずです。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

マイホームのための土地探しセミナー。セミナーに行く前に…

選んだ土地と自分のイメージがマッチしてるか確認してもらおう

選んだ土地と自分のイメージがマッチしてるか確認してもらおう

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ