土地探しから注文住宅が建つまでの流れを段階ごとに紹介

土地探しから注文住宅が建つまでの流れ

このページでは土地探しから注文住宅を建てるまでの流れを解説しています。まず何から手を付ければいいのかわからない…とお悩みの方はご参考くださいね。イメージを膨らませるところから、実際に注文住宅を建てるまでをお伝えします。

まずはイメージを膨らませる

どこでどんな家に住みたいか

一人暮らしでも家族が居ても、「どこのエリアでどんなふうに暮らしていきたいか」をまず考えましょう。家族が居る場合は、皆の意見を充分に出してイメージを固めてくださいね。

何を優先するか

イメージしたエリアや家のなかで、譲れない条件を固めましょう。費用、家や間取りのデザイン、利便性、周りの環境など「これだけは優先させたい」ものを決めておくと実際に土地購入をするときや注文住宅を建てるときスムーズにいきますよ。

資金計画を立てる用意をする

現在の収入や貯蓄などの自己資金、組めるローンの金額、月々のローン返済に充てられる額などを把握しておきましょう。住みたいエリアの地価相場を調べておくのもいいですね。

具体的な土地探しをスタート

イメージにあうエリアを探す

住みたいエリアが決まっている場合は、実際にその土地に出向いて、地域に詳しい不動産会社へ話を聞きに行くのがベスト。エリアが決まっていない場合は似た条件のエリアを複数ピックアップして回るのも◎。

土地探しのポイント

土地はそれぞれ違います。必ずしも希望通りのものが見つかるとは言い切れません。そのために抑えておきたいポイントがあります。

  • 期限を決めておく
  • 希望条件に優先順位をつけて、妥協できるところはする
  • 土地だけでなく、古家付きも視野にいれるなど柔軟に考える

不動産会社と施工会社にアプローチ

土地を探してくれる不動産会社と、注文住宅を建ててくれる施工会社に話を聞きに行きましょう。この2つは同時に進行すると効率的です。双方の意見を聞くことができるので、土地探しと施工主探しを無駄なく進められます。

土地と施工会社が決まったら土地を調査してもらう

土地が決まったら、施工会社にどのような家を建てられるのか調査してもらう必要があります。土地の条件、方位、大きさ、地盤、道路の位置など細かく調査。地盤が緩いという結果が出た場合は、家を建てる前に工事が必要になることもありますよ。

土地購入

土地購入前には「重要事項の説明」がある

土地を購入する前には、不動産会社から土地について「重要事項の説明」を受ける必要があります。宅地建物取引業法で定められていますので、書面と口頭での説明に相違がないかきちんと確認しましょう。

土地契約時にはお金が必要

いよいよ土地契約、となった場合は「手付金」「仲介手数料」「契約印紙代」といった諸費用が掛かります。このときにローンの手続きをする場合も。支払い額やパターンはさまざまなので事前の確認を怠らないようにしましょう。

土地代は住宅ローンでは払えない?

住宅ローンは一般的に建物の引き渡し時に実行されます。土地代はそれより前に支払わなくてはいけないため、ローンを組む場合は「つなぎ融資」が可能なローンかチェックが必要です。

施工会社に家のイメージを伝える

土地が手に入ったら、次は家を建てるための具体的な話し合いを進めていきます。間取りや外観のイメージ、使いやすさ、希望条件などは事前にまとめておくと、施工会社がプランを立てやすくなり、スムーズです。

建築請負契約を結び、建築確認申請をする

家のプランが固まったら、施工の請負契約を施工会社と結びます。書類の量が多いので、前もって写しを貰って確認しておきましょう。そして、着工の前には建築確認申請が必要。建てようとしている住宅が法令などに違反していないのかのチェックです。この確認申請が通れば、いよいよ着工となります。

ローン計画を考える

固定金利と変動金利

ローンには固定金利型と変動金利型の2つがあります。固定金利型は名前の通り、契約時から返済が終わるまで金利が一定のローン。低金利のときに契約すればお得です。また、金利が一定なので返済計画が立てやすいメリットも。しかし、返済中に金利が下がってもその恩恵は受けられません。

変動金利型は返済額の1.25倍までの間で金利の変動があるかもしれないローンです。借りたときには低金利でも、返済中に金利が上がる場合があります。

どちらの金利にするかは、買主のライフスタイルや返済計画によるので、じっくり考えましょう。

注文住宅が出来上がるまでの間にやること

工事が始まり、家が出来上がるまでの間にもいろいろとやることがあります。地鎮祭、上棟式といった儀式だけではなくご近所へ挨拶しておくのも引っ越した後の生活のためには必要です。せっかく建てた家なのに、ご近所トラブルが起きてしまっては台無しですからね。

また、施工途中の家を見に行くだけでも愛着が湧きますよ。さらに、現場で仕事をする方と仲良くなっておくと、あれこれ気を利かせてくれることも。お互い気持ちよく過ごすためにも、足を運んでおくのがいいでしょう。

完成立ち合いで建物チェック・引き渡し・入居

完成立ち合いで不具合チェック

住宅が出来上がったら、施工会社や工事担当者と一緒に家をチェックする「完全立ち合い」があります。不具合があればこのときに伝え、いつまでにどうするのかきちんと書面に残して言った言わないの争いにならないようにしておくと◎。また、施工会社のアフターサービスがある場合もあるので確認しておきましょう。

そして、建築基準法に違反していないか「完了検査」も申請します。完成立ち合い、完了検査が終わればあとは引っ越して生活を始めるだけです。

引越しして生活を始める

出来上がった家へいよいよ引越しです。新たな気持ちで生活を始めることができるでしょう。住み始めて不具合が出た場合は、事前に確認したアフターフォローが受けられるか確認してくださいね。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

最善の土地の探し方とは?土地探しの方法を徹底比較

最善の土地の探し方とは?土地探しの方法を徹底比較

選んだ土地と自分のイメージがマッチしてるか確認してもらおう

選んだ土地と自分のイメージがマッチしてるか確認してもらおう

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ