空き地もチェックして土地探しのひとつの方法にする

空地を土地探しに活用する

一口に土地探しといっても、探し方はいくつもあります。第三者に依頼する方法が一般的ですが、自分の足を使って探す方法もあります。ここでは空き地から理想の土地を探す方法や、そのメリット・デメリット、チェックするべきポイントについて紹介します。

空き地の探し方

空地を探す場合、多くは「インターネットを使用して探す」「不動産屋に聞いてみる」「ハウスメーカー・工務店に聞く」「自分で探す」の4種類が考えられます。

インターネットを使用して探す

パソコンやスマートフォンで土地を探す場合、例えば「(住みたい地域)+空地」で検索することで様々な空地の情報を調べることができます。 すぐに調べることができるので比較的簡単な方法といえるでしょう。ですが、ネットで掲載される以上、色々な人の目に留まるわけであり、その分人気の高い土地はすぐに売れてしまいます。更新情報の確認や、早めの決断が必要です。

不動産屋に聞いてみる

不動産屋に直接聞くことで得られるメリットは、ネット上に掲載されていない空地の情報を得られること。不動産業者のホームページに掲載されている空地に似た条件の土地、不動産が独自で管理している土地の情報を持っている可能性があります。地元の不動産屋ならば地域の土地勘にも強いので、よりいい土地が見つかるかもしれません。

ハウスメーカー・工務店に聞く

ハウスメーカーや工務店は施工だけでなく、土地探しの相談をすることもできます。住居の施工を担当するため、土地に合わせた家づくりにかかる費用の見積もりが可能。土地も含めた住居にかかる全体の費用バランスが分かりやすく、予算を超えてしまうといった事態も防ぐことができます。

自分で探す

ネットや不動産屋、住宅ビルダーに相談したとしても、自分の希望する土地が見つからないといったことも起こりえます。そういった場合には、自身の住みたい地域を歩いて探してみるのも良いでしょう。車やバスを使えば、より広範囲を調べることができます。よく街を歩いていても、更地が目につくことは皆さんも多いのではないでしょうか。「売地」という看板がない空地や手入れの行き届いていない空地も、十分あなたの理想の土地の候補になりえます。管理者が分からない空地を見つけた場合は、近くの不動産屋や工務店などに連絡して管理人が誰なのかを調べてもらうと良いでしょう。

なかなか良い土地が見つからないときは現地で探すべき!

不動産屋やハウスメーカー・工務店で気に入る土地が見つからなかった場合、自分で土地(空地)を探す方法が一番おすすめです。まだ世に出回っていない土地と出会える可能性が高まります。不動産屋やハウスメーカー・工務店では公開されていなかった穴場を見つけられるかもしれません。インターネットや不動産を利用した土地探しは多くの人が行っているため、良い土地はすぐに売り切れてしまうでしょう。現地での土地探しなら条件の良い土地をゆっくりと検討できます。

現地で土地探しを行うメリット・デメリット

不動産屋やハウスメーカー・工務店で土地を探しても気に入る土地が見つからないときにおすすめな「現地での土地探し」について、どのようなメリット・デメリットがあるのか紹介します。

メリット

公開されていない情報が手に入る

現地へと足を運び土地を探すことで、インターネット上や不動産屋では公開されていない土地を見つけることができます。規模の小さい不動産屋では、インターネットでの情報公開を積極的に行っていないところもあるようです。インターネットなどで公開していない土地が実は穴場だったということがあるかもしれません。自分の足で調べてみるのが良いでしょう。

エリアで力のある不動産屋が分かる

現地で土地探しを行うことで、その地域でどの不動産屋が力を持っているのか分かるようになります。力のある不動産屋は売り土地看板の数で判断が可能です。例えば売り土地の少ないところでは数枚看板があるだけで目立ちますし、逆に売り土地が多いところはどこの業者の看板が多いか見比べることで力のある不動産屋を知ることができます。力のある不動産屋は地域の大地主との付き合いが少なからずあるので、相続のタイミングや商談に付いてくる売り土地の情報を得ることができるでしょう。依頼する不動産屋を見極めるためにも、まずは自分で現地を歩いてみることが大切なんです。

現地でしか分からない情報が手に入る

現地に直接見に行くことで、現地に行かなければ分からない周囲の環境を知ることができます「通勤および通学で使うための道はどこになるのか」「抜け道として使われている道はあるのか」など、現地に行くことでしか得られない情報がいくつか見つかる筈です。例えば交通量の多い土地の場合、「自分や家族が事故にあわないか」や「車の騒音がないか」と事前に考えることができ、トラブル回避につながります。

デメリット

手間がかかる

自力で土地探しを行うことで起こる一番のデメリットといえば、時間がかかることです。地域内を探すとなれば広範囲での探索が必要となり、自分ひとりや家族だけで行うのは厳しいでしょう。もし土地探しを自力で行うことになった場合、後々の予定が詰まることのないよう余裕を持ったスケジュールを立てることが大切です。

自分と土地の持ち主だけで契約を結ぶのは大変

自分が住みたい地域で良い土地を見つけたとしても、必ず購入できるとは限りません。土地を売ってもらう場合、法的な手続きが必要となります。こういった手続きを行う場合、自分や土地の持ち主だけで契約を行うのは法律に詳しくない限り難しいはず。もし自分で見つけた土地を購入したい場合は、近くの不動産屋に連絡するなどして相談してみるのが良いでしょう。

現地で空地を探す際のポイント

ただ土地を見るだけでなく、ほかのところに目を向けてみることも必要です。

予算や住居についてあらかじめ計画する

土地を探して購入する場合、土地と住居にかける予算は事前にある程度決めておきましょう。自分はどのような家に住みたいのか、住みたい地域の土地の値段はどのくらいなのかを調べておくとベスト。土地と住居にかける予算の配分がより明確になります。自分の予算に見合った土地条件を絞れるので土地を探しやすくなるはずです。

エリア全体を見てみる

土地だけでなく、自分が家を建てたいと考えている地域全体をドライブなどで観察してみてください。土地周辺の環境や施設の場所、町の雰囲気を観察することで新しい情報を手に入れることができます。交通量だけでなく人通りも見ることでその地域の特徴を知ることができますし、アクセスの良し悪しも判断できるでしょう。ひんぱんに利用できそうなスーパーや施設、通学や通勤に関する便利なアクセス方法も探してみるのもいいかもしれません。

道路側から見るだけでなく、空地の中に入って見てみる

空地を道路から眺めるだけでなく、もし入れるのであれば許可を取り敷地内から周囲を見たり歩いてみることも大切です。空地の外からと中からでは感じ方が違いますし、実際に歩いて体感することでどのような間取りや設計が良いのか具体的な計画を立てることができます。

昼だけでなく夜の様子も見ておく

地域によっては昼と夜で様子が変わります。昼間は問題ないように見えても、夜になると治安が悪くなるというケースも少なからずあるので要注意。土地を見つけた場合はここがいいとすぐ決めるのではなく、時間をずらしてもう一度確認してみてください。そうすることで、そこが安全性のある地域かどうかをより詳しく知ることができます。

この記事を読んだ人は、こちらの記事も参考にしています。

土地探しのコツと極意を徹底的に解説

土地探しのコツと極意を徹底的に解説

選んだ土地を相談しよう

選んだ土地を相談しよう

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!

コツまるわかり、土地探しセミナー情報!オススメ